コンテンツ新築一戸建て 仲介手数料無料

コンテンツやブログ(お知らせとか日記とか)更新情報、お金のこと、住宅ローン・税金・節約。建築などに関すること。

2000万以下の新築一戸建て 東京に一番近い物件が一目で見つかる

首都圏(東京・埼玉・千葉)で、販売金額が2000万円以下、仲介手数料無料の新築一戸建てを一覧や地図で表示しています。 仲介手数料0円・頭金なし(諸費用ローン)で新築を購入可能となっております。 物件の比較案内や返済目安、値引き・値引き交渉などお気軽にご相談下さい。 2000万円以下の新築一戸建て特集 豊富な物件情報の中から、首都圏で2000万円以内の新築一戸建て(建...

続きを読む

待機児童解消に取り組む事業者を支援 P2P型の不動産クラウドファンディング「Crowd Realty」

渋谷区上原でシェア型保育所用地取得のファンドを募集開始 P2P型の不動産クラウドファンディング「Crowd Realty」が待機児童解消に取り組む事業者を支援 本プロジェクトではシェアハウス併設型・企業主導型保育所事業を行う予定の土地を取得し、施設運営者に対する賃貸及び売却を目的とした投資を行います。対象とする物件は、渋谷区上原地区に所在しており、渋谷区内では最も待機児童人数が...

続きを読む

初めてでも3分でできる!新築一戸建て「予算」の決め方

新築一戸建ての購入予算を決める まずは、購入する物件の目安となるご予算を把握することから始めましょう。 物件探しをするうえで、一番重要と言っても良いのが「予算」です。 だからと言って、ご自分で予算をどのように決めたらよいかわからない方もいるのではないでしょうか? そのような方にも、簡単に目安となる予算を計算できるフォームを作りましたのでお試し下さい。 とりあえず決めて頂きたいのが、 自己資金 ご希望の返済金額 の2つです。

続きを読む

新築一戸建てを購入した時の実際の諸費用を公開

ファインドゼロで新築一戸建てを購入された方で、平成27年9月から平成28年1月までに決済(お引渡し)された方の実際の諸費用を公開致します。掲載内容は、お客様の許可を頂き同意を得られた項目のみ掲載いたします。(掲載不許可の項目は***印になっております。)実際の金額をありのまま公開しました!

続きを読む

相続争いはお金持ちがやるものと思っていませんか?

我が家は財産が少ないから相続争いとは無縁。おそらくこう思っている方は少なくないと思います。でも本当にそうでしょうか。 確かに以前ははそうだったかもしれません。でも相続税の基礎控除額が大幅に低くなった今は相続税課税対象者が一気に増えています。あなたもその中に入っているのではありませんか? 相続では親族間で欲と欲のぶつかり合いになり、場合によっては争いに発展することもあります。 ではどのような場合にトラブルがあるのでしょうか。

続きを読む

改正された住宅性能表示制度、4つのポイント

2013年に改正された新築住宅の省エネ基準に伴って<住宅性能表示>も改正されました。施行されるのは2015年4月1日ですが、ここではどのように改正されたのか、そのポイントを見ていくことにしましょう

続きを読む

在来工法の特徴やメリット・デメリットについて

住宅の建築方法はハウスメーカーによって異なります。したがってメーカー選択の前に工法の違いを知っておく必要があります。ここでは在来工法について書きます。 【木造軸工法の建築方法は?またどんな特徴があるのか】

続きを読む

いま大手ハウスメーカーの勢力図はどうなっているのだろう

テレビを見ていると大手ハウスメーカーのCMがよく流れています。それだけに人々はいろいろなハウスメーカーの名前をよく目にするのではないでしょうか。 こうしたCMを見ている人は、ひょっとすると家を造るのはこうした大手のメーカーばかりなのでは、と思かもしれません。でもそれは違います。 意外なことに、いま大手と呼ばれるハウスメーカーは業界全体の14%弱でしかなく、圧倒的に多いのが中小の工務店なのです。

続きを読む

REITは短期投資、長期投資のどちらを狙うべきか

不動産投資信託(REIT)には短期投資と長期投資の二つの投資タイプがあります。一般的に不動産投資信託は長期投資が良いと思われがちですが、短期投資にもそれなりの魅力があります。 【REITの短期投資とはどのような方法なのか】

続きを読む

用途地域で1番面積が広いのは?

割合順位 用途地域名 面積(単位ヘクタール) 面積割合 1 第1種低層住居専用地域 11356.9 19.5% 2 準工業地域 10856.7 18.7% 3 第1種中高層住居専用地域 10428.3 17.9% 4 第1種住居地域 9378.9 16.1% 5 商業地域 6436.6 11.1%...

続きを読む

用途地域と建ぺい率、容積率の関係

別項で用途地域について説明しましたが、実はこの用途地域は<建ぺい率>や<容積率>と切っても切れない関係にあるのです。なぜなら建ぺい率や容積率は用途地域によって決まってくるからなのです。 住宅購入では建ぺい率と容積率の確認が欠かせない

続きを読む

新築祝いの相場やタブーからお返しまで

新生活が始まるタイミングでは、新築祝いのプレゼントをする立場になったり、または新築祝いを受ける立場になることもあるでしょう。新築というものは、人生の一大イベント。新築祝いを贈る場合でも受け取る場合でも、その作法はしっかりと把握しておきたいですね。

続きを読む

さいたま市内で区が「またがる」地名のまとめ

さいたま市の区が跨る地名 さいたま市内には、同じ地名でも区が違う地名がいくつかあります。一覧にしているサイトなどが見当たらなかったので作成してみました。

続きを読む

建売の網戸は何枚必要で、いくら位するのか?

網戸を特別価格でご提供します さらに、ファインドゼロで新築一戸建てをご契約された方には、「一戸建て住宅用網戸専門店」の網戸をセット価格から1万円引いた特別価格でご提供致します。 是非、建売の網戸は、売主のオプションとともに選択肢の一つにご検討下さい。 一戸建て網戸価格例 掃出し窓用網戸×4枚(特大サイズ×2枚・大窓サイズ×2枚) 腰窓用網戸×4枚 小窓用網戸×4...

続きを読む

年末のローンの残債の1%分について所得税の税額控除

新築一戸建てを建築するために住宅ローンを組もうという人にとって、住宅借入金等特別控除の税制優遇制度は魅力的です。 住宅ローン控除ともいわれるこの制度の概要は、10年以上の返済期間で住宅取得等のためにローンを組んだ場合、10年間毎年、年末のローンの残債の1%分について、所得税の税額控除を認めるというものです。 もし、所得税額が税額控除の額より少ない場合には、控除できなかった分を住民税から控除できるという場合もあります。

続きを読む

新築戸建てなど持ち家を購入した場合は考慮しなくて良い金額

更新手数料とは、賃貸物件を借りているときに契約の満期を迎えた場合、引き続き賃貸契約を結ぶ場合に支払う手数料のことです。一般的にその手数料の相場は、家賃の1か月か2か月分といわれています。多くの賃貸物件は、2年間契約になっていますので、2年に一度支払うことになります。

続きを読む

不動産にかかわらず契約は当事者の合意で決まるのが原則

不動産の売買には時に売主や買主それぞれの思惑や他の様々な事情で取引価格が左右されてしまうことがあります。 不動産にかかわらず契約は当事者の合意で決まるのが原則ですが、実際には何か基準や参考となるものが必要となります。

続きを読む

住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業

住宅ローンは民間の多くの金融機関から様々な商品が販売されています。 そんな中で住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し、住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業を行っています。 そして証券化された住宅ローンは市場で投資家に販売されることになります。 これが証券化住宅ローンといわれるものです。

続きを読む

物件の価格に対しての頭金の有無やその金額の大小も大きく影響

借入可能額とは、読んで字のごとく、借入が可能な金額ということになりますが、その金額については、借りうける人の年収や職業、負債額、有価証券や預貯金額の状況などによって異なります。 その金額の算定方法や算定基準については、各金融機関独自によるものであるとされていますが、昨今においては、かつての多重債務による自己破産者の増加や回収不能債権の増加による金融機関の経営状況悪化などの影響を受け、無理のない範囲での融資が行われています。

続きを読む

現在の住居を売却先行するか、新しい住居を先に購入するか?

買い替えローンとは、現在の住居を売却し、その売却金を現在組んでいるローンの返済にあて、新たに物件を購入する時に組むローンの事を言います。 買い替えローンのメリット 新しく購入する物件に掛かる費用に加え、現在のローンの返済費用を含めた融資を受けれる事が出来るし、現在のローンの金利より低金利で利用できると言うメリットがあります。

続きを読む

契約がどのような内容なのかをしっかりと確認

建築請負契約や不動産売買の契約については事前に契約を取り決める必要があります。 しかし契約を結んだ相手が契約とは違う事をしてしまった場合には契約不履行となり、違反をした方は違約金を支払わなければなりません。 具体例としては物件を引き渡す期日をきちんと決めていた筈なのに売主の方が引き渡しを拒否するケースがあります。

続きを読む

住宅ローン借入時の収入合算について

収入合算とは、住宅ローンの審査時に主債務者と連帯債務者(場合によっては連帯保証人)の所得の合計金額を所得とみなし住宅ローンの審査を行う方法です。 金融機関によって所得合算できる連帯債務者の条件は異なりますが、基本的には連帯債務者も一人で住宅ローンを申し込める資格があることや購入の物件に同居する予定であることなどが必要となります。

続きを読む

長期に渡っての返済計画が立てやすい元利均等返済

住宅ローンの返済には毎月の返済金額のうち元金部分を一定にする元金均等返済と、もうひとつ元利均等返済という方法があります。 毎月返済していく住宅ローンの内訳は元金とそれにかかる利息の合計金額ですが、元利均等返済の場合は住宅ローンの返済が始まった当初から完済するまでの間、毎月の返済合計金額を一定にする方法です。

続きを読む

住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します

ローン期間のすべてを固定金利で申込みをする長期固定ローンを除くと、一般的な住宅ローンのほとんどは固定期間選択型の住宅ローンです 通常住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します。 このどちらで住宅ローンを返済するか選ぶことが出来るのが固定期間選択型ローンです。 特徴としては、住宅ローンの借入期間いつでも好きな時に変動金利から固定金利へ金利体系を変更できるという点です。

続きを読む

お給料から天引きして利息を非課税で頭金を貯める

財形貯蓄について 財形貯蓄とは、労働者の勤務先が金融機関と提携して、給与から一定の金額を天引きすることでお金が溜められる制度です。財形貯蓄には、住宅型と年金型、一般型があり、目的に合わせてお金を貯めることができます。 一般的な預貯金と違い、住宅型と年金型は合算して元利合計が550万円までは非課税になっているので利息はそのまま残ります。

続きを読む

新築分譲マンションを購入する際に必要な修繕積立基金

修繕積立基金とは新築分譲マンションを購入する際に必要な費用であり、マンションの維持管理運営のための工事費の積立原資となるお金になります。 マンションを含む全ての建物は竣工した直後から劣化が始まり、その劣化の進行スピードを極力軽減させながら適切にメンテナンスする必要があります。

続きを読む

返済した元金分に対応している利息を軽減できる効果があります

新築一戸建ての購入と同時に住宅ローンを組む場合が多いケースですが、この住宅ローンは金融機関が貸してくれるという分をまるまる借りる必要はありません。 自分の返済能力に合わせてローンの金額決めることが大事です。 無理をして返済できる金額ぎりぎりで借りてしまうと将来不測の事態が生じた時に対処ができなくなってしまいます。

続きを読む

教育資金、老後資金と並んで人生における三大資金と言われているもの

新築一戸建て等住宅の取得は、一般的には教育資金、老後資金と並んで人生における三大資金と言われているものの一つだけあって多額の資金を必要とします。 そのため、住宅の購入のために必要な資金が実際に貯まるまで待っていると、人生の晩年までは住宅を手に入れることができないというような事態になりかねません。 そのため、多くの人は住宅ローンを活用して住宅を購入しています。

続きを読む

サイトマップ

仲介手数料無料の新築一戸建てサイト、ファインドゼロ。サイトマップ

続きを読む

手付金・工事着手金

住宅を購入する際に、「内金・内入金(うちきん・うちいれきん)」を支払った後は、「領収書」を発行してもらうと、後のもしものトラブルの対応にも役立ちます。 内金は一般的に、別のよばれ方として「手付金・工事着手金(てつけきん・こうじちゃくしゅきん)」とも、よばれています。 住宅がまだ未完成の前に行われる金銭の引き渡しですので、後々の事を不安に思われる方もいるかもしれませんが、しかしそれとは反対に、前もって金銭を支払っておく事で、建設会社を請け負った企業や、建設会社・売り主は、一方的な放棄はできませんので、むしろ「安全」です。

続きを読む