コンテンツやブログ(お知らせ・日記)

コンテンツやブログ(お知らせ・日記) コンテンツ

コンテンツやブログ(お知らせ・日記)更新情報、不動産に関することはもとより、お金のこと、住宅ローン・税金・節約。建築などに関する情報です。

ピックアップ

仲介手数料無料のデメリット!仲介手数料無料のからくりができるまで

仲介手数料無料のからくりができるまで 2010年(平成22年)頃、お客様からの仲介手数料を無料で仲介する不動産会社が同時多発的に出てきました。 それまで仲介業者は新築一戸建てを仲介する場合、売主と買主の両方(業界では両手といいます)...
ピックアップ

仲介手数料の自動計算と価格別の手数料早見表

不動産売買の仲介手数料の自動計算フォームと価格別の仲介手数料早見表です。売却する方や購入する方から不動産会社が受け取ることのできる「宅地建物取引業法」により定められた、上限の金額になります。
ピックアップ

新築、費用の内訳は?新築一戸建て購入時の諸費用を細かく解説します

不動産の物件情報サイトやチラシには物件本体の金額が記載されていますが、不動産を購入する時には、物件の価格の他にも色々な諸経費が必要になります。 一般的に、不動産売買の取引は一生に何度もすることではありません。実際にどのような項目の経費...
コンテンツ

東川口の新築一戸建てが仲介手数料無料。東川口駅の周辺環境は?

東川口エリア、仲介手数料無料の新築一戸建てを一覧や地図で表示しています。仲介手数料0円・頭金なし(諸費用ローン)で新築を購入可能となっております。物件の比較案内や返済目安、値引き・値引き交渉などお気軽にご相談下さい。 東川口はどんな街? ...
ピックアップ

1000万円台の新築一戸建て「地図で見る」都心に一番近い新築はどこ?

首都圏(東京・埼玉・千葉)で、販売金額が1000万円台、仲介手数料無料の新築一戸建てを一覧や地図で表示しています。 仲介手数料0円・頭金なし(諸費用ローン)で新築を購入可能となっております。 物件の比較案内や返済目安、値引き・値...
ピックアップ

新築購入時、周辺環境のチェックポイントは?統計調査・周辺環境レポート差し上げます。

お客様に少しでも「安心」して物件の検討ができるように、ある程度物件が絞れてきた段階などの適時に、物件所在地周辺、半径1Kmの情報が詰まった、全40ページほどのオリジナル「統計調査レポート」と「周辺環境レポート」を無料でお届けしております。(PDFファイルなどにて)
ピックアップ

ご成約されたお客さまの生の声 ファインドゼロの評判

お客様の声 ファインドゼロをご利用いただき、ご成約されたお客様の生の声を掲載しています。 これからも、こちらのページに数多く、お客様の満足の声を掲載して行けるようサービスの向上に努めて参ります。 掲載している内容は、お客様より頂きまし...
ピックアップ

簡単3分!予算オーバーしない、新築一戸建て「予算決め」

新築一戸建ての購入予算を決める まずは、購入する物件の目安となるご予算を把握することから始めましょう。 物件探しをするうえで、一番重要と言っても良いのが「予算」です。 だからと言って、ご自分で予算をどのように決めたらよいかわからない方もいるのではないでしょうか? そのような方にも、簡単に目安となる予算を計算できるフォームを作りましたのでお試し下さい。 とりあえず決めて頂きたいのが、 自己資金 ご希望の返済金額 の2つです。
コンテンツ

建売住宅購入時のリアルな諸費用を公開します

建売空宅を購入した際の実際の諸費用の金額 掲載しております諸費用に含まれない物として、火災保険料・お引越代・網戸代・カーテンレール・カーテン代・居室照明器具代などがございます。売主業者によっては網戸などが標準装備でつく場合もあります。 通常の場合、銀行ローンの保証保険料を先払いして住宅ローン金利を低くするか、保証料を先払いしないで金利を0.2%上乗せするかを選択することができます。又、フラットをご利用の場合などに適合証明発行料が必要な場合があります。
コンテンツ

失敗しない新築探しアプリをリリースしました。

当サイトは、全てのページコンテンツが携帯端末でご覧いただくのに最適化されたモバイルフレンドリーへの移行を完了し、スマホやタブレットでも快適にご利用頂けるようになりました。 また、モバイルページを高速表示させる為の、AMP(Accele...
コンテンツ

用途地域で1番面積が広いのは?

<用途地域>と聞くと、なにか難しい専門用語のような響きがあります。確かに専門用語には違いありません。でもこれは住宅建築に関しては極めて大切な用語なのです。したがって、購入者がたとえ建築の素人だとしても、その意味だけはよく知っておかなければいけない大切な用語なのです。
コンテンツ

新築祝いの相場やタブーからお返しまで

新生活が始まるタイミングでは、新築祝いのプレゼントをする立場になったり、または新築祝いを受ける立場になることもあるでしょう。 新築というものは、人生の一大イベント。 新築祝いを贈る場合でも受け取る場合でも、その作法はしっかりと把握しておきたいですね。 今回は、新築祝いではどういった贈り物が望ましいのか、そのタブーとは。そして、贈り物の金額にはどの程度の相場があるのか、はたまたお返しをする場合にはどういったものが喜ばれるのか、といった情報をお伝えしていきたいと思います。
コンテンツ

建売の網戸は何枚必要で、いくら位するのか?

一般的な建売住宅では、網戸はオプションになります。 売主業者によって網戸オプション価格は、9万円~12万円位が相場です。 ホームセンターやインターネットショップで格安の網戸もありますが、実際に全てのサッシのサイズを測って発注するのは意外...
コンテンツ

設計士さんの優しさと間取りの表記

W・WIC・WCLはウォーク・イン・クローゼット。 SCはシューズクローゼット、SICはシューズ・イン・クローゼットです。SCLは見た事がありませんが見かけた際はシューズクローゼットの可能性が大きいです。 それから、BWはビック・ウォーク・イン・クローゼット。BWICとかBWCLだと少し長いのでBWです。 他にも、最近流行のDEN=書斎、MC=マルチクローゼット・ユーティリティースペース、RF=ロフトなどなど、、まだまだたくさんありそうです。
コンテンツ

物件所在地の「地番」と「住居表示」について

住所と地番の違い FindZEROが運営している物件情報サイトの特徴として、お客様に好評な事の1つなのが、新築一戸建て物件の所在地(地番まで)と詳細地図を掲載していることです。他の物件情報サイトや住宅情報誌の多くは、「○丁目」までしか表示していませんよね、、 ですので、お問合せを頂かなくても直接現地の下見に行くことができます。不動産屋の営業マンと一緒よりも、ゆっくりとお客様のペースで物件探しが出来るのではないでしょうか、、
コンテンツ

公図上に地番がない土地「青地」

青地(あおち)とは、法務局(登記所)で閲覧することができる公図(土地の境界や建物の位置を確定するための地図)に青く塗られた部分の土地のことで、公図上に地番がない土地のことです。 これらの土地は、現況では宅地などになっていますが、元は水路・河川敷であった場所で国有地です。 この青地は、国有地なので住宅が建てられる土地、あるいは建っている土地に存在することはないはずです。
コンテンツ

日本の美の真髄、憧れの数寄屋造りの家

「数寄屋造りの家」と聞くとちょっとあこがれますよね。純和風の高級住宅なイメージがあります。数寄屋造り(すきやづくり)とは、安土桃山時代から江戸時代にかけて完成された建築様式です。その昔、平安時代に貴族たちによって寝殿造りが隆盛をきわめました。やがて室町時代になり武家社会となっていくと書院をもつ建物を中心とする書院造りが確立されていきました。書院造りは序列や格式を維持する役割も持っていて、床の間、書院、違い棚など厳格な様式が決まっていました。武家は自らの権力を示す意味もあり様式にこだわりつつ豪華な装飾がほどこされた建物を建てていくようになります。そんな中で、茶の湯の流行とともに台頭してきた茶人たちが、その美意識により建築様式にも変化が与えることになっていったのです。
コンテンツ

床の間ってなんのためにあるの?スペースがもったいないじゃない?

床の間についてのトピックス 少し前の日本の住宅には必ず床の間がありました。 和室の奥に設けられ、掛軸がかかっていて、生け花や壺を飾ったり、お正月には華やかなお正月飾りが飾られていましたよね。 最近の新しい住宅からはだいぶ姿を消すよ...
コンテンツ

千年以上も引き継がれてきた畳の魅力

日本人で畳を知らない人はいないでしょう。最近は洋風の住宅が主流になってきましたが、ひとつは和室があるというお宅も多いと思います。物件情報を見る際にも、部屋サイズは6畳、8畳など表記されるのが一般的ですし、○○㎡と表記されるより広さがピンとくるかと思います。この日本人の住文化に切り離せない畳について解説してみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました