LINE で24時間365日 お問合せ・相談を受付中です!
ファインドゼロのコンセプト

ファインドゼロでは、お客様が新築一戸建て購入や不動産取引をする際の「不安」「不満」「不便」「不透明」を解消し、お得・安心・簡単をコンセプトに情報提供・ご購入のお手伝いをさせていただきます。

新築一戸建て物件情報

新築一戸建てを仲介手数料無料で購入

新築一戸建てを仲介手数料無料で購入

仲介手数料無料について

不動産を購入する時に必要な諸費用の中で、金額が最も大きい項目のひとつが「仲介手数料」です。

ファインドゼロでは、ご紹介する新築一戸建ては全て仲介手数料を無料でお取り扱いします。

通常、不動産仲介業者を通して新築一戸建てを購入する場合には、物件価格の3%プラス6万円に消費税を加えた金額を「仲介手数料」として仲介業者に支払いをします。

例えば3,000万円の新築物件を購入する場合には、約105万円の仲介手数料が必要になります。

物件の価格が上がれば上がるほど金額が増えて行きますので、5,000万円の物件を購入した場合になると約171万円もの仲介手数料がかかってしまいます。

この仲介手数料ですが、宅地建物取引業法により定められた、お客様から受け取ることのできる上限の金額になります。

上限の金額は決められていますが、下限についての決まりは特にありません。

しかし、広告の物件概要欄の取引態様が媒介(一般・専任・専属専任)または、仲介と書かれていると、大抵の場合は上限の仲介手数料を請求されます。

ファインドゼロでは、この仲介手数料をお客様から全く頂かないシステムですので、まるまるお得になります。

いくらお得になるか自動計算してみましょう

物件の価格を入力すると節約できる仲介手数料の金額を自動で計算します。


また、ご契約になるならないにかかわらず、物件のご案内料金・コンサルタント料金・物件紹介料・各種相談料・住宅ローン代行料など、別の名目でお金を頂くことも一切ありませんのでご安心ください。

諸費用を大幅に節約できますので、探す物件をワンランクアップすることが可能になります。

仲介手数料はいくら?仲介手数料の自動計算と早見表
不動産売買の仲介手数料の自動計算フォームと価格別の仲介手数料早見表です。売却する方や購入する方から不動産会社が受け取ることのできる「宅地建物取引業法」により定められた、上限の金額になります。

なぜ、仲介手数料が無料なのですか?

通常のお取引の場合、不動産仲介業者は、購入したお客様から仲介手数料頂き、売主様からも仲介手数料を受け取っています。

ファインドゼロでは、不動産仲介業の経費で、もっともお金のかかる物の1つである、宣伝広告の方法をインターネットを活用して見直し改善を行いました。

それにより、住宅情報誌や新聞折込など従来の宣伝広告に比べ、費用対効果で8割以上のコストカットを実現しました。

また、業務においてもIT化・システム化を徹底して行いました。

これにより、お客様から仲介手数料を頂かずに運営をすることが可能となりました。

仲介会社は、何をするの?

仲介手数料が無料だからといって「サービスが悪い」とか「何もしてくれない」と言うことでは困ってしまいます。

とは言っても、お客様としましては、実際に仲介会社がどのようなサービスを行うのか?

また、どこまでお願いしてもいいのか、わからない方がほとんどではないでしょうか?

そこで、お問合せを頂いてから仲介会社がお客様に対して行っている業務の内容について、主なものを書いてみたいと思います。

仲介会社の業務内容

  • 希望する条件に見合う物件を探し、物件の情報をご提供する。
  • 資金計算(ローン返済額)や、諸費用見積もりなど作成をして、予算について細かく調整をする。
  • 物件の見学(ご案内)をする。
  • 住宅ローンの事前審査申込みを代行する。書類に記入頂き必要な書類をそろえて銀行に申し込む。
  • 売主との価格交渉や、諸条件の交渉を行う。
  • 物件の調査、重要事項説明書の作成を行い、重要事項の説明をする。
  • 売買契約書や付随する書類の確認、契約の日時や場所、契約の諸条件を調整し契約の立会い、契約書の読み合わせを行う。
  • 住宅ローンの本申し込みを代行する。書類に記入頂き必要な書類をそろえて銀行に申し込む。
  • 銀行との金済契約(きんしょうけいやく)の段取りと立ち合いを行う。
  • 売主様との、お引渡し前の建物チェック・内覧会の立ち合いをする。
  • 決済・お引渡しの時に必要な諸費用などの取り纏めを行い、金額を確定させる。
  • 決済・お引渡しの日時や場所を調整して立ち合いをする。

おおまかではありますが、仲介会社の主な業務内容になります。

ファインドゼロでは、このような業務をお客様から仲介手数料を頂かずに全て行います。

物件のご案内は何度でも無料

実際の物件見学のご案内は、いつでも・何件でも・何度でも、無料でご案内させていただきます。

建物の中や、物件周辺の環境、駅までの街並みなど、ごゆっくりと納得いくまで見学して下さい。

また、ご案内の物件が、まだ更地であったり、建築中の場合には、同じ仕様の完成例のご案内もさせて頂いております。

ほかにも、住宅ローン・税金・不動産取引に関する、ご質問や不安な点などを1つ1つ丁寧にご説明し、お客様目線で物件探しのお手伝いをさせて頂いております。

値引き交渉とキャッシュバック

今までに100社以上の売主業者様との取引実績があります。

そのネットワークを最大限に生かして、交渉のタイミングや交渉方法をご説明しながら、お客様にご満足頂けるよう【独自の価格交渉・キャッシュバックシステム】で価格交渉を進めてまいります。

*詳しくは、ご案内時などにご説明しております。

購入時の諸費用について

新築一戸建てを購入する場合、物件価格の他に、契約書に貼る印紙代や固定資産税・都市計画税の清算金、表示登記費用、所有権移転・保存・抵当権設定の登記費用、火災保険料などの諸費用がかかります。

せっかく仲介手数料が無料になっても、そのほかの諸費用が高ければ意味がありません。

ファインドゼロでは、諸費用に関するもの全ての紹介料マージン等を一切受取りません。最安の諸費用を目指します。下記ページでは、諸費用の内訳を詳しく解説しています。

参考 新築一戸建てを購入した時の諸費用内訳を詳細に解説

実際の諸費用金額目安

物件価格諸費用の平均金額
1,500万円約56万円
2,000万円約62万円
3,000万円約69万円
4,000万円約78万円

細かい内訳は、物件のご案内の時や資金計画などの時に、全て明確にしてご説明させて頂いております。

安心について

仲介手数料無料だけじゃない、ファインドゼロの安心について。

物件情報を詳細まで公開

「お客様が求める物件情報とは何か?」を徹底的に考え、情報の質にこだわりホームページを作成しています。

大手不動産情報サイトを含め、物件情報サイトの多くは、お問い合わせをして実際に営業マンに会うまで、物件の場所すら教えてもらえない事があります。

ファインドゼロでは、物件の住所・土地の形など全ての情報をサイト上でも公開します。

東京都・埼玉県内(一部対応していないエリアがございます。)で売り出し中の新築一戸建ての物件情報を随時公開しています。

しつこい営業は一切いたしません

訪問及び電話での連絡は行いません

お客様からのご要望やご了解のない限り、ご自宅などへの訪問や、お電話でのご連絡も一切行いません。

こちらからのご連絡は、SNSショートメール、LINE、メールでのご連絡となります。

じっくりとお客様のペースで物件をお探し下さい。

不動産物件情報ポータルサイトの多くは、物件ごとに違う不動産会社がそれぞれ広告を出しています。

気になる物件にチェックを入れて資料請求をすると、チェックを入れた数の不動産会社にお客様の個人情報が送信され、それぞれの会社の営業マンから連絡が来る可能性がありますので注意が必要です。

建物10年保証付き

平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、取扱いの新築一戸建ての全ての物件が10年保証付きです。(引渡しから10年間の保証)

ファインドゼロって何が簡単なの?

ご希望の条件をお伝え頂くだけで、最新物件・未公開物件を含め、全ての物件情報を郵送やメール・FAXで受取り可能です。

資料請求・見学予約は、お電話か問合せフォーム、LINEからも、お気軽にお問い合わせください。

LINEで最も簡単に物件資料を請求する

下記のテキストをコピーして、LINEに貼り付け、内容をご入力のうえ送信して頂ければ、該当する「仲介手数料無料の物件資料」をタイムラインにお送りします。送信先の公式LINEアカウント



よくあるご質問・FAQ

ファインドゼロについて

Q
なぜ、仲介手数料が無料なのですか?
A

通常、不動産仲介業者は、お客様から仲介手数料頂き、売主様からも仲介手数料を受け取っています。

ファインドゼロでは、インターネットを活用することにより、従来の広告に比べ、費用対効果で8割以上のコストカットを実現しました。

これにより、お客様から仲介手数料を頂かずに、売主様から頂く販売経費のみで運営をすることが可能となりました。

Q
住宅ローンの取扱い実績について教えて下さい
A

ファインドゼロでは、埼玉りそな銀行・りそな銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・武蔵野銀行・ファミリーライフサービス・三井住友信託銀行・川口信用金庫・群馬銀行・中央労働金庫・東和銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・ゆうちょ銀行・新生銀行などの金融機関の住宅ローン取扱い実績がございます。*敬称略・順不同にて記載させて頂きます。

住宅ローン取扱いに関する落とし穴

理由は様々ですが、仲介業者によっては、住宅ローンの取扱いができない(取引停止)金融機関があります。

ファインドゼロでは、取扱いのできない金融機関は一切ございません。全ての金融機関の中から最も有利な住宅ローンをお選び頂けます。

Q
取扱いできる物件について教えてください
A

市場に出回る物件の9割以上の物件が仲介手数料無料でご紹介可能です。

物件情報サイト(スーモ・アットホームなど)に掲載されている物件も仲介手数料無料でご紹介可能かどうか、お調べ致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

主な、建売一戸建てデベロッパー様は下記の通りです。

一建設株式会社株式会社アーネストワン
株式会社東栄住宅株式会社飯田産業
タクトホーム株式会社アイディホーム株式会社
株式会社三栄建築設計株式会社三建アーキテクト
株式会社良栄株式会社アイダ設計
株式会社ホーク・ワンファースト住建株式会社
大宝建設株式会社山岸工業株式会社
株式会社マイライフプランニング株式会社ヒロホーム
株式会社グランドホーム

他にも、100社以上のパワービルダー・ハウスメーカー様と、お取引きの実績がございます。

*敬称略・順不同にて記載させて頂きます。

住宅ローンについて

Q
頭金なしで購入出来ますか?
A

金融機関のローン審査基準によりますが、物件金額100%と諸費用ローンもございますので、頭金なしでも購入可能です。

ただし、ご契約時に手付金(約30万円~約200万円)を売主に支払います。フルローンの場合でもご契約からお引き渡し(ローン実行)までの間は、手付金のご用意が必要となります。

Q
転職して間もないのですがローンは組めますか?
A

転職して1年未満の方でも審査が可能となっております。

勤続年数が短い場合、それまでの転職の回数や転職前の業種なども審査されます。

Q
住宅ローンの審査期間はどれくらい?
A

住宅ローン本申し込みを行って、本内定が出るまでの期間ですが、およそ1週間くらいです。事前審査の場合は早い銀行ですと翌日、平均して3日くらいで事前内定となります。

Q
マイカーローンが残っていますが住宅ローンは組めますか?
A

マイカーローンを返済中の場合、年間返済金額を返済比率に算入して住宅ローン借入限度額を計算します。

例えば、ご年収500万円・返済比率35%・審査金利3%・借入期間35年での借入限度額は、マイカーローンがない場合、3,780万円になります。

同じ条件で、マイカーローン月々5万円返済中の場合には、住宅ローン借入限度額は2,490万円となり、1,290万円マイナスとなります。

詳細は、「マイカーローン残債100万円で住宅ローンが1,290万円減額される理由」で解説しています。

Q
住宅ローンの印紙代はいくらですか?
A

住宅ローンの契約時には下記の印紙代がかかります。

お借入金額印紙税額
1万円以上10万円以下200円
10万円超50万円以下400円
50万円超100万円以下1,000円
100万円超500万円以下2,000円
500万円超1,000万円以下1万円
1000万円超5,000万円以下2万円
5,000万円超1億円以下6万円

その他のご質問

Q
問合せをすると、家に来たり、しつこく電話してきたりすることがあると聞いたのですが、、
A

ファインドゼロでは、ご自宅や職場などにお伺いすることは一切ありません。お問合せ時もご住所をお知らせ頂かなくて構いません。また、お客様のご了解のない限りお電話でのご連絡も一切行いません。

Q
物件を押さえるにはどうしたらいいですか?
A

現在、web買付証明を準備中です。*住宅ローンを組まれてご購入の場合、住宅ローン事前審査の内定が必要です。

Q
仲介手数料無料の不動産屋は値引きができないと聞いたのですが本当ですか?
A

そのようなことは、一切ございません。最大限の値引き交渉をさせて頂きます。

新築一戸建て、実際の値引き交渉金額(100件分)を公開

Q
もし買わなかった場合は何か費用が発生しますか?
A

ご契約の有無に関わらず、お客様から頂く費用は一切ありません。

Q
店舗に行く必要はありますか?
A

物件の見学、ご案内などでわざわざ来店いただく必要はございません。お問い合わせの物件現地でのお待ち合わせや、最寄りの駅・ご自宅近くなどにお迎えにあがります。

Q
仲介手数料が無料の業者は諸経費などを上乗せしていると聞いたのですが、、
A

諸経費の項目を問わず、お客様から当社にお支払い頂く金額は1円もございません。諸経費を上乗せできるような項目もございません。実際の諸経費を公開しております。

建売住宅購入時のリアルな諸経費を公開します
建売空宅を購入した際の実際の諸経費の金額 掲載しております諸経費に含まれない物として、火災保険料・お引越代・網戸代・カーテンレール・カーテン代・居室照明器具代などがございます。売主業者によっては網戸などが標準装備でつく場合もあります。 通常の場合、銀行ローンの保証保険料を先払いして住宅ローン金利を低くするか、保証料を先払いしないで金利を0.2%上乗せするかを選択することができます。又、フラットをご利用の場合などに適合証明発行料が必要な場合があります。

また、諸経費に関する詳細は下記ページで詳しくご説明しています。

新築一戸建ての諸費用をどこよりも細かく解説
不動産の物件情報サイトやチラシには物件本体の金額が記載されていますが、不動産を購入する時には、物件の価格の他にも色々な諸費用が必要になります。 一般的に、不動産売買の取引は一生に何度もすることではありません。実際にどのような項目の費用...
Q
仲介手数料無料だと、取り扱い物件が少ないと聞いたのですが
A

そのようなことはありません。市場に出回る物件の約9割を仲介手数料無料でお取扱いしています。(エリアに関しましては、首都圏のみ対応とさせて頂いております。)

Q
仲介手数料が無料だとアフターサービスが受けられないと聞きました。本当ですか?
A

新築一戸建ての場合、売主の建物10年保証と、アフターサービスが付いています。仲介する業者がどこであっても内容が変わることはありません。

Q
売買契約書に貼る印紙代はいくらですか?
A

契約金額に応じて以下の印紙税額になります。

記載された契約金額印紙税額
10万円超50万円以下200円
50万円超100万円以下500円
100万円超200万円以下1,000円
200万円超300万円以下1,000円
300万円超500万円以下1,000円
500万円超1,000万円以下5,000円
1000万円超5,000万円以下1万円
5,000万円超1億円以下3万円
1億円超5億円以下6万円
5億円超10億円以下16万円
10億超50億円以下32万円
50億円超48万円
契約金額の記載のないもの200円

建売住宅の場合、売買契約書を1通作成し収入印紙を貼るのですが、原本を保有する買主様が印紙代を負担することが多いです。

LINE で24時間365日 お問合せ・相談を受付中です!

SUUMO(スーモ)・at home(アットホーム)・HOME’S(ホームズ)などで、気になる新築一戸建てがあれば、仲介手数料無料になるかお調べしますので、時間を気にせずに、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

ファインドゼロ
タイトルとURLをコピーしました