物件所在地の「地番」と「住居表示」について

写真00fa899b7eb33781_m

住所と地番の違い

FindZEROが運営している物件情報サイトの特徴として、お客様に好評な事の1つなのが、新築一戸建て物件の所在地(地番まで)と詳細地図を掲載していることです。他の物件情報サイトや住宅情報誌の多くは、「○丁目」までしか表示していませんよね、、

ですので、お問合せを頂かなくても直接現地の下見に行くことができます。不動産屋の営業マンと一緒よりも、ゆっくりとお客様のペースで物件探しが出来るのではないでしょうか、、

中古物件の取り扱いもありますが、売主の方が居住中のことが多いので、原則として詳細な所在地をサイト上では公開していません。

また、物件の敷地内に入ったり建物の中を見る場合には当社が1つ1つ売主業者に見学の許可をもらい、立合いをして見学して頂いています。

そこで注意点が1つあります。例えば、記載されている所在地をカーナビに入力して現地に行こうとしても「住所が見つかりません。」と表示されることが高い確率であります。

住居表示(住所)は建物に付けられる

何故かというと、物件の所在地は「地番」と呼ばれているものを記載していて、カーナビのデータなどは「住居表示」が多く使われている為です。そもそも住居表示は完成した建物に対して付けられるものですので、建築中の建物には住居表示そのものが、まだない状態なのです。

スマホなどで、物件の詳細図面の地図を確認しながら行くのが良いかも知れません。