理想の住まいを実現できる。注文住宅の長所と短所

注文住宅とは、建て主が要望を出して設計・施工してもらう、オーダーメイドの住宅のこと。

理想の住まいを実現できる、究極の住まい作りと言えますが、その分手間と費用がどうしてもかさんでしまう傾向があります。

まず、宅地を所有しているかどうかで、手間とコストは大幅に違ってきます。宅地を所有していればその土地に合わせて設計してもらうだけですので簡単ですが、ない場合はまず宅地を探さなければなりません。

土地の広さや形状、道路付け、用途地域などによって、設計自体が大きく変わるため、宅地が決まっていなければ住宅の設計は出来ません。

しかも、宅地をローンで購入する場合、ローン申請の段階で住宅の設計や見積りも必要になりますので、土地を探すと同時に住宅の設計・見積りもあわせて進めなくてはならず、初めての方には決して容易なことではありません。

信頼できる不動産会社を見つけるなど、

専門家の協力とアドバイスを受けられる環境を整えてから行動する事が大切です。

建売住宅が、住宅に暮らし方を合わせる“既製服”なら、注文住宅は暮らし方に家を合わせる“注文服”です。家族構成やライフスタイル、趣味や仕事などに合わせて、過不足のない最適な住まいを実現出来ることが最大の魅力です。

将来、親と同居する、自宅でお店を開業したいといった、将来計画も織り込んだ設計ができるのも、注文住宅ならではのメリットと言えます。

ただし、あまりに斬新な間取りや仕様は、住んでいる内に飽きてしまったり、使い勝手が悪く感じたりするケースもあるようですので、経験豊富な設計士の意見も聞きながら生涯にわたって住みやすい家を設計してゆく事が大切です。

特に将来、住宅が不要になって売却する際は、あまりに個性的な住宅だと買い手が付きにくくなる心配もありますので注意が必要です。

メリハリを付けてローコスト住宅を実現

また、一般にコストが高くつくとされる注文住宅ですが、注文の仕方によってはローコスト住宅も可能です。比較的コストが掛かる和室をなくしたり、アウトレットの住宅設備や部材を活用してコストを抑えたりと、こだわる所と省く所のメリハリを付ける事で、一般的な住宅よりもコストを抑えた住まいを実現することさえ可能なのも注文住宅ならではの醍醐味と言えます。

また、注文住宅の場合、建築の過程をきちんと確認できるのもメリットのひとつです。建売住宅のように完成してしまってからでは内部構造の確認は困難ですが、注文住宅なら随時現場を確認できるため、安心して住まうことが出来ます。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする