急速に普及が進んだ太陽光発電システムについて

太陽光発電は、半導体の仕組みを利用して太陽エネルギーを直接電気に変換するシステムで、音や振動、有害物質などを出さないクリーンな発電システムです。このため、住宅の屋根にも手軽に設置でき、機器の低コスト化や高性能化に加え、国や自治体の補助金制度、固定買取制度なども手伝って、急速に普及が進んでいます。

電気の買い取り価格は年々引き下げられますが、これはシステム価格や性能が年々良くなって行く事を前提に国がバランスを取ったものとされ“早く設置した方が有利”というセールストークに踊らされる必要はありません。

太陽光発電の様々な仕組み

太陽光発電には単結晶シリコンや、多結晶シリコン、薄膜シリコン、アモルファスシリコン、ハイブリッド型など、様々な仕組みがあり、それぞれ長所と短所があります。

例えば、屋根の形が複雑な場合は、どんな形にも隙間なく敷き詰められるタイプが適しています。あるいは南面の屋根が狭い場合は、できるだけ発電効率の良い物を選びます。また、樹木や電柱で影ができるような環境では、部分的な影で発電効率が落ちないタイプが威力を発揮します。

他にも、気温が暑すぎる、豪雪地域、曇りの日が多いといった条件などによっても最適のシステムは変わってきますので、発電効率や値段だけでなく、幅広い角度から検討する事が大切です。

従って、導入を検討する場合は、必ず複数の業者に見積りを依頼し、現場を実際に見てもらうのが原則です。業者同士の見積り内容・工事内容を比較して納得できるまで質問を繰り返すなど、じっくりと業者選び(メーカー選び)をおこなう事がポイントと言えます。

メンテナンスが重要な太陽光発電

また、太陽光発電は機械的な部分が少ないため、故障が少ないシステムですが、屋外という過酷な環境に直接さらされるため、メンテナンスはとても重要です。特に屋根の上という普段目が届かない部分に設置されるため、信頼できる業者にメンテナンスを依頼しないとシステムの寿命や発電効率の低下につながるため、注意が必要です。

一般に住宅用の太陽光発電システムは、電力会社の送電網に接続されます。これは、発電しない夜間は電力会社の電気を使うための仕組みです。昼間の電気を蓄電池に蓄えて夜間に使うことも可能ですが、蓄電池がまだまだ高価なこともあって、ほとんどは送電網に接続されて運用されています。

この場合、昼間に発電された電気はまず自家消費に回され、余った分が電力会社に販売されます。従って太陽光発電を導入すると、まず電気代が大幅に節約されます。さらに、販売した電気代が収入になります。このダブル効果によって、導入費用が数年で回収され、それ以降は長く使えば使うだけ経済的メリットが受けられる事になります。

日中の停電や防災の観点から導入

また、停電の際には、日中なら電気を使う事もできますので防災の観点から導入する方も少なくありません。

注意点としては、補助金の申請や送電網への接続申請など、多くの手続きが必要なため、これらを代行してくれる業者を選ぶ事が大切です。専門知識も必要ですし、申請のタイミングを間違うと、せっかく発電しているのに電力会社に買ってもらえない、といった問題も生じかねません。また、補助金が振り込まれるまでには数ヶ月のタイムラグがありますので、その辺も含めて相談できる、経験豊富な業者選びが大切です。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする