資金計画が立てやすい建売住宅

建売住宅とは、建物を建てて土地ごと販売する新築分譲住宅のことです。

自分で土地を探して建物を建てる場合は、土地と建物両方で交渉や契約などの手続きが必要ですが、建売住宅は交渉も手続きも1つで済むため、とても簡単で安心です。

販売価格もあらかじめ明示されているため資金計画が立てやすいのもポイントで、初めてマイホームを購入するという方にはお奨めの住宅です。

完成売り・青田売り

建物が完成した状態で販売するのが「完成売り」で、実際の建物を見て触れて確認できるため、納得して購入する事が出来ます。また、すでに完成しているため、短期間に入居できるメリットもあります。

一方、更地の状態、もしくは基礎だけの状態で販売する「青田売り」という販売方法もあります。こちらは間取りや仕様は決まっているものの、壁紙や床、建具の色を指定するといった要望を反映できる場合があります。

費用を負担して一部の間取りや仕様を変更するという事も不可能ではありませんので、交渉によってはより理想に近い住宅を実現できる可能性があります。ただし、完成・引渡しまでに相応の時間がかかるため、時間の制約がある場合には注意が必要です。

建売住宅は不動産会社やハウスメーカーなど住宅のプロが企画し、設計・管理しながら建てる住宅です。

リスクをとって開発するわけですから、売りやすい住宅である事が大前提であり、必要な住宅性能や機能的な間取り、人気の住宅設備などについてプロの目で徹底的に吟味されます。

つまり、誰の目にも魅力的で住みやすく、買って大きな失敗が少ない事が建売住宅の特徴と言えます。

万人に好まれるということは、将来住宅が必要なくなって売却する際、買い手が見つかりやすい事にもつながります。

しかも、同時に数棟の建売住宅を発注する場合、スケールメリットを活かしてコストを抑える事も可能で、単独で建築するよりもより上質な住宅を手に入れる事ができるのも建売住宅ならではの魅力と言えます。

また、ニュータウンやミニ開発で数棟が一斉に分譲される場合は、住宅のデザインやテイストに一貫性を持たせ、街並みとしての統一感が生まれるというメリットもあります。

さらに、世代の近い家族が集まるためコミュニティが形成されやすいというのも魅力のひとつに挙げられます。

注意点としては、建物が完成してしまっている場合は基礎や構造体などの内部構造を確認できない点が挙げられます。

住宅瑕疵担保責任履行法が施行されたことなどで、悪質な手抜き工事や欠陥住宅は少なくなりましたが、それでも現場の裁量で工事の手抜きや材料のごまかしといった事は起こり得ますので、やはり信頼できる業者選びが大切です。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする