住宅が原因で起こる様々な健康障害

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_mシックハウス症候群とは、住宅が原因で起こる様々な健康障害のことで、新築住宅やリフォーム後の住宅などで発症する事が多いことからこう呼ばれます。

原因は、建材などから発散される化学物質などによる室内空気の汚染と考えられ、風邪に似た症状や、目がチカチカする、肌荒れ、下痢、めまい、動悸など、様々な症状が報告されています。

住宅に接着剤や防腐・防蟻処理のための薬剤が使われ始めたのは随分昔になりますが、当時は住宅に隙間が多い構造だったため自然と換気され、室内の空気汚染が健康を害するという問題はあまり発生しませんでした。

住宅の気密性能向上による弊害?

ところが、近年、住宅の気密性能が向上した事によって、建材などから発散された化学物質が長く室内に留まり、住人の健康を害する問題が頻発するようになったと考えられています。

室内の空気が汚れている影響を最も強く受けるのは、家で過ごす時間が長いお子様や奥様、お年寄りになります。このような方は抵抗力も弱いため、一層深刻な症状になる事が心配され、国がガイドラインを設けて規制しているのはもちろん、多くの住宅メーカーが対策に乗り出しています。

原因物質である化学物質を出さない建材を使うのはもちろんですが、家具やカーテンなどからも有害物質は発散されるため、同時に換気システムの導入が欠かせません。

24時間計画換気システムを導入するのが理想です。

また、カビやダニの死骸といったハウスダストが作用するとも考えられるため、カビやダニの原因になる「結露」対策も重要です。結露とは、空気が冷やされると空気中の水分が水滴になる現象で、床下や壁の中、押入れや家具の裏などにも発生します。

ここからカビの胞子やダニの死骸が家中に広がる恐れもあるため、家全体の断熱・気密性能を高めたり、防湿シートで家全体をくるむといった対策も必要となります。