ペットと暮らす注文住宅


世の中にはペット好きな人はたくさんいます。そうした人の中には、ペットと共に伸び伸びと暮らしたいが故に、あえて注文住宅を選択する人もいます。つまりマンションだとペットを禁止しているところが多いし、建売住宅だとペット用のスペースがじゅうぶん取れない、などの理由からなのです。

ペットが快適な生活をエンジョイするにはどんな住宅環境が必要なのか

人が快適に暮らせる家だからと言っても、ペットもそうだとは限りません。ペットにも快適に過ごして欲しいと思うのなら家の間取りをじゅうぶん考慮しなければいけません。

つまりリビングにもダイニングや寝室にも、ペット専用の居場所を作ってあげることが大切です。これがあると来客時でも、お客様とペットの双方に余計なストレスを与えずにすみます。

<なぜペットが落ち着いて過ごせる専用スペースが必要なのか>

小型犬の場合はとかく人に寄り添っていることが多くなります。とは言え、人と適度な距離を保つことも節度やルールの上からは大切なことです。そのためにもペット占有のスペースが必要になります。

<軒下にペットが遊ぶスペースを作る>

軒下の空間を上手く利用してペットの遊び場を作ると、雨の日でもストレスが貯まりません。それが芝生や土のスペースだと、外と同じように自然を感じさせることができます。

<室内にトリミング用の場所を設ける>

ペットが快適に過ごすためには日常的にシャンプーなどのトリミングが必要になります。したがってそのためのスペースをとっておきたいものです。

【ペットが快適に過ごせる室内環境とは】

人間が快適な室内環境がペットにも適しているかと言えば、必ずしもそうとはいえません。ペットにはペットなりの快適さに対する尺度があるからです。

<ハウスダストがペットのアレルギーの原因になる>

人とペットでは呼吸をする位置が違います。したがって人より低い位置の空気環境がよくなければいけません。つまり床から上、50~70センチぐらいの位置の空気が良くないといけないのです。そのためにはその位置にはハウスダストが溜まらないように通風プランに留意すると同時に。独自の空気清浄装置が必要になります。

<静寂な環境で気温23℃、湿度50%を保ちたい>

犬は人に比べて暑さに弱く、体温調節が下手な動物です。したがって夏場はタイル張りの床や風通しの良い玄関のたタタキなどを喜びます。また冬場には寒さ対策とためだとはいえ、床暖房にすべきではありません。そんなことをすると熱さのために体調を崩す恐れがあるからです。

<事故を防ぐためには室内設備に様々な配慮が必要>

室内飼いのペットの場合は、ともすれば床で滑ったリ、階段から落ちたり等の小さな事故が絶えません。それによって腰や膝などを痛めるのです。そうしたことを避けるためには住まいの隅々まで注意を払って設備に改良を加えることが必要です。例えば滑り止めのついたフロアコートを用いたり、壁の角の部分を丸く作り変えたりするのです。

(記事提供:Ignition Invest)

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする