注文住宅「二世帯住宅」という選択肢

写真190c61baf9204da8_m

核家族化が極端に進んだ今、二世帯住宅と聴くと何か昔に回帰するような懐かしさが感じられます。

つまり、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして子どもたちが皆一緒に住む大家族を連想するのです。いま注文住宅を考えている方にはこうした二世帯住宅という選択肢もあります。

【二世帯住宅に住むとお金の節約ができる】

核家族化が進んだ今では農村地域でさえ大家族は減少ししています。したがって大家族どころか、今では農村地区でさえ高齢者の一人暮らしが少なくないのです。そんな中にあって、近年少しずつですが二世代、三世代が同居する兆しが見え始めています。

それをよく表すように、このところ二世帯住宅とか三世帯住宅という家の名称をよく耳にするようになりました。ネットでハウスメーカーのサイトを見ても、この二世帯住宅がよく取り上げられているようです。

いま二世帯住宅が見直されているのは人々が核家族に飽きて、昔のような大家族へ回帰願望を持ち始めたからなのでしょうか。もちろんそれもあるかもしれません。でも理由は他にもあるようです。

それは二世帯住宅の経済的なメリットです。注文住宅を建てるにはまず土地探しから始めなければいけませんが、親と一緒に住む二世帯住宅の場合だと、親が所有している土地を利用することもできます。そうなると土地代を丸々浮かすことができるのです。

それだけではありません。二世帯住宅は税制面でも有利になります。今の二世帯住宅は玄関が二つあれば二つの建物として認められることになります。そうなれば登記では区分建物ということになり、不動産取得税や固定資産税が安くなるのです。

【二世帯住宅の建築費はどれくらいかかるのか】

メリットが多い二世帯住宅ですが、肝心なのは建築費です。大家族だと部屋の数も多くなるでしょうから、普通の住宅に比べると、それなりに高くなるのではないでしょうか。二世帯住宅といっても1世帯用の家に全員が住む場合もあります。

これを<同居型>と呼びますが、もう一方には玄関、風呂、キッチンなどが二つずつある<完全分離型>があります。同居型の場合は規模は若干大きくなるにしても、設備仕様等は通常の一世帯用の住宅とそれほど変わらないわけですから建築費はそれほど高くはならないでしょう。

では完全分離型のほうはどうでしょうか。この場合は共有部分の違いによって建築費は大きく変わってきます。つまり共有部分が少ないほど建築費が高くなるのです。

具体的な相場を上げるとすると、共有部分が比較的多い場合では同居型の1.5倍前後、共有部分が少ない場合は1.8倍ぐらいが妥当ではないでしょうか。

でも家の価格はどうして出せば良いのでしょうか。最も簡単な方法は坪単価を調べてそれに住宅面積をかけると良いのです。つまり、<家の価格=坪単価x住宅面積>ということになります。

(記事提供:Ignition Invest)