知っておきたい相続の順序


相続は親族のうちで法定相続人と定められた人たちによって行われます。とはいえ法定相続人の皆が同等に相続するのではありません。相続人には順序があります。この順序が高い人ほど相続額は多くなります。

相続は民法で定められた通りに行わなければいけない

民法では相続人や相続の順位が定められています。したがってその定めどおりに相続を行わなければいけません。

相続では財産を残した人を被相続人、その財産を受け取る人を相続人と呼びますが、誰が相続人になるのか、また誰がどれだけに財産を受け取るのかも定められています。こうして定められた相続人のことを<法定相続人>と呼びます。

この法定相続人は故人の配偶者にあたる<配偶者相続人>と故人と血の繋がりがある<血族相続人>に分かれます。この血族相続人の範囲は広く、直系卑属と呼ばれる子や孫、直系卑属である親や祖父母など、それに傍系血族である兄弟姉妹や甥・姪など3種類に及びます。

なお故人の叔父や叔母は法定相続人には該当しません。こうした法定相続人について、誰が優先的に相続ができるかが定められているのが相続の順位です。

これにより上位の相続人がいる限り、下位の人は血族と言えども相続人になることはできません。なお故人の配偶者はどのような場合にも相続ができますから順位には組み込まれていません。

【民法で定められた相続の順位はこうなっている】

相続の順位は次のようになっています。

<第一順位>⇒直系卑属と呼ばれる子や孫。
<第二順位>⇒直系尊属である親や祖父母。
<第三順位>⇒傍系卑属と呼ばれる兄弟姉妹や甥・姪。

以上が相続に順位ですが、故人に配偶者は子どもがいる場合は当然これらの人たちが相続人になりますから、この場合は第二相続人である親や兄弟姉妹などに相続に権利はありません。

では、これらの相続人の財産の取り分はどうなるのでしょうか。

【財産の取り分は相続人の組み合わせによって異なってくる】

上では相続の順位について書きましたが、民法では誰がどれくらい財産をうけとるかという分け前についてもその割合が定められています。この割合は相続人の組み合わせによって次のように異なってきます。

<配偶者と子どもが相続する場合>

配偶者の法定相続分⇒2分の1。
子どもの法定相続分⇒2分の1。

なお子どもの数が複数の場合は数に応じて均等に分けられます。つまり子どもが3人だと1人あたり6分の1が方手相続分になります。

<配偶者と両親(または祖父母)が相続する場合>

配偶者の法定相続分⇒3分の2。
両親(祖父母)の法定相続分⇒3分の1。

なお両親の2人ともが存命している場合は各々6分の1になります。

<配偶者と兄弟姉妹が相続する場合>

配偶者の法定相続分⇒4分の3。
兄弟姉妹の法定相続分⇒4分の1。

(記事提供:Ignition Invest)

ファインドゼロ提携・相続税相談

相続・相続税の無料相談なら、新井山税務会計事務所

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする