知っておきたい注文住宅の坪単価の相場と目安

写真IMG85409
坪単価をストレートに捉えてはいけません。現状の坪単価は非常に紛らわしいものです。注文住宅建築に際しては、まず坪単価の構造をよく知ることから始める必要があります。

坪単価にはからくりがある。これを知っておかないと大損をする

一言で坪単価と言っても、間取りや設備プランによって大きく異なってきます。つまり間取りにフリープランを採用したり、設備仕様を変えたりすることによっていくらでも坪単価を変えることはできるからです。

これについてはメーカーによって坪単価が大きく異なっていることを見てもよく分かります。例えば大手ハウスメーカーの坪単価が70~80万円であるのに対して中小メーカーや工務店などでは、これを大幅に下回る60万円程度の坪単価を呈示していることも珍しくありません。

こうしたことがあるのも、例え注文住宅といえ、それなりの裏事情があるからなのです。つまり注文住宅と言っても、実際には戸建の建売であったり、一戸だけ限定の注文住宅であったり、というようなカラクリがあるのです。

一般的に注文住宅は戸建住宅より価格が高いのが普通です。したがって注文住宅なのに価格は戸建住宅並というような場合は裏事情を疑ってみる必要があります。

最近のデータによりますと大手ハウスメーカー7社の坪単価平均は80万円弱になっています。なお価格幅については68.99万円~85.7万円とかなりの開きがあるようです。

【大手ハウスメーカーの坪単価ランキングはこうなっている】

最近のデータによる大手ハウスメーカーの坪単価ランキング次のようになっています。

  • 1位・三井ホーム ⇒ 85.98万円
  • 2位・へーベルハウス ⇒ 82.43万円
  • 3位・住友林業 ⇒ 81.94万円
  • 4位・セキスイハイム ⇒ 76.93万円
  • 5位・ダイワハウス ⇒ 74.53万円
  • 6位・パナホーム ⇒ 70.30万円
  • 7位・ミサワホーム ⇒ 68.99万円

【ハウスメーカーによって坪単価が異なる理由とは】

上で挙げたように大手ハウスメーカーだけ見ても坪単価には大きな差があります。この理由は様々ですが、最も大きな原因は使用される建材の差にあるのではないでしょうか。つまり建材はピンからキリまであり、その価格差は非常に大きいからです。

例えば漆喰を例にとってみますと、値段が高いものには<3度塗り>のような高品質なものがある一方、悪いものは混ぜ物の合成接着剤が使用されたりしています。これでは価格に差が出るのは当然です。要するに使用する建材が坪単価に大きく影響するのです。

(記事提供:Ignition Invest)