注文住宅の契約前にチェックしたい7項目

写真1a4f722ee68a887c5508_m
ハウスメーカー営業マンに急かされても契約を急いではいけません。失敗のない契約にするためには、最低限次のチェックポイントをクリアしなければいけません。

住宅の契約前には確認すべきことがたくさんある

ハウスメーカーと住宅建築の交渉では相手の営業マンは契約を急かすことが珍しくありません。しかしいくら急かされても人生で滅多にない住宅という高価な買物を急いで行うわけにはいきません。

なぜなら大切な買物ゆえに失敗が許されないからです。それに失敗とまで行かなくても、契約を急ぐと後で変更を余儀なくされる事柄が多くなり、結果的に予算オーバーで損害を被ってしまうことになるのです。

したがって営業マンのペース乗せられて契約を焦ってはいけません。大切な住宅建築だけに是非成功させなければならないからです。そのためには次に挙げる確認事項について、じゅうぶんな注意を払わなければいけません。

<①基本設計についての確認>

基本設計について確認する点は次のようになります。

≪重要確認事項≫⇒間取り、天上の高さ、屋根の形状と材料、東西南北の立面、建具の種類と大きさ、ガラスの種別、樋の種類、外壁の材料と色、地盤の地耐力、基礎の形状、断熱材の種類、その他各種重設備など。

<②追加費用の負担についての確認>

例えば敷地調査報告書の不備のために生じた追加費用は当然ハウスメーカーが負担すべきものです。これについては書面に明示してもらうことが必要です。

<③契約書の工期を明記してもらう>

ハウスメーカーは往々にして工期については契約書に明示しないのが普通です。これだと工事に遅れが出たとき責任を負ってくれません。したがって、後から頼んででも契約書に工期を明記してもらわないといけません。

<④下請け業者の確認>

大手ハウスメーカーと契約を結んだとは言え、実際に工事を担当するのは契約した工務店です。したがって技術を保証してもらうためにも、事前に担当する工務店を確認しておくことが大事です。

<⑤確認申請許可をしっかり確認する>

ハウスメーカーは契約を急ぐために、確認申請許可が契約後になることもあります。これはトラブルの元です。それを避けるためにも、契約前に確認申請許可を取らさなければいけません。

【着工前に確認しておきたいことはまだある】

上で着工前に確認すべきことを5点挙げましたがこれ以外にも次のような2点があります。

<⑥契約書以外の書類の確認>

契約書には付随すべき次のような書類があります。これについてもしっかり確認することが必要です。

≪契約書に付随する書類≫⇒見積書、設計図、契約約款、工事工程表、打合せ議事録、など。

<⑦契約約款についての再確認>

住宅建築で不足の事態に備えるための決まりを書いているのが契約約款です。したがっていざというときのために、これにはしっかり目を通しておかなければいけません。したがって、これに目を通したかどうかを再度確認することが必要です。

(記事提供:Ignition Invest)