注文住宅の「まもりすまい保険」とは

写真1479ccd7552aca2a9_m

注文住宅を購入する人にとって最も気になるのは住宅の性能や品質です。これについては以前だと<住宅性能保証制度>があり、これによって10年間は性能が保証されていました。でもこの制度は2008年に廃止になりました。それに代わるものとして推奨されているのが<まもりすまい保険>なのです。

まもりすまい保険は<住宅瑕疵担保履行法>に対応している

まもりすまい保険は別名で「住宅瑕疵担保責任保険」とも言います。この保険は「住宅瑕疵担保履行法」という法律に基づいたものであり、同法で保険法人として指定を受けた「住宅保証機構株式会社」がすべての住宅事業者に提供しているものです。ではここでいう住宅瑕疵担保履行法とはどのような法律なのでしょうか。

<住宅瑕疵担保履行法とは>

この法律によってすべての新築住宅が「住宅品質確保促進法」のもとに、10年間にわたって保証されます。また新築住宅の柱、梁など、住宅の耐力の点で主要になる部分や、雨水の浸入を防ぐ部分などの基本構造部分に関して、引渡し後10年以内に瑕疵(欠陥)があった場合は、建築業者に対して無料修理を義務付けています。

これに伴って宅地建物取引業法や建築業法も改正され、瑕疵担保責任履行に対する保険加入等の有無に関しての書面交付が義務付けられました。

また住宅瑕疵担保履行法の制定によって、新築住宅の建築事業者、販売業者などは瑕疵担保責任を果たすために修理費用を、住宅引渡しの時点において保険か供託によって確保しなければいけないことになりました。

【まもりすまい保険にはこんな特長がある】

まもりすまい保険は前述しましたように、「住宅瑕疵担保履行法」に対応した保険です。したがって新築住宅を購入した人に対して、完璧に住宅品質を保証するものでなければなりません。それに応えるために、この保険は次の4つの特長を持っています。

<特長・1>

すべての新築住宅に対して全事業者が利用できるようになっています。

<特長・2>

新築住宅の構造で耐力上の主要な部分や雨水に進入を防止する部分が対象になっています。

<特長・3>

住宅については設計施工基準に基づいて、工事中に第三者のよる現場検査が実施されます。

<特長・4>

建築業者が倒産や廃業したときも保険が適用されるようになっていますから、こうした場合でも新築住宅取得者に対して保険金が支払われます。

【まもりすまい保険の料金は】

建築業者の負担になる「まもりすまい保険」の料金は、保険料に現場検査手数料を加えたものになります。なお中小業者に対する割引、団地割引、建設住宅性能評価住宅に対する割引など、各種の割引制度がありますから、活用もおすすめします。

(記事提供:Ignition Invest)