注文住宅の見積もりと割引の裏事情について

写真86c127ab811b2fc3e99_m
住宅業界には見積もりや割引に対しての裏事情がたくさん存在しています。したがって事前にそれを知っておくと、営業マンに丸め込まれて損をすることが避けられます。

これを知っておくと見積で損をすることはない

新しく住宅を建てる際はハウスメーカーに発注する前に見積を取るのが一般的です。しかし単に取るだけではなく、内容についてはよく吟味・検討して、もし不明点があればそれを質しておかなければいけません。そうでないと最終的に予算を大幅にオーバーしてしまうことが往々にしてあるからです。

では見積のどんな点について吟味・検討を加えれば良いのかについて、そのポイントを書いてみます。

<見積の範囲はどこまでなのか>

坪単価についての見積では、多くの場合、坪単価○○円という風に表示されていると思います。でもこれではどこまでの工事に対しての費用なのかが分かりません。つまり適用範囲が明確でないのです。

したがって、示されている坪単価は標準工事費だけなのか、それとも付帯工事費やその他の諸費用も含まれているか、などを明確にしておかなければいけません。でないと結果的に予算を大幅にオーバーすることになるかもしれないからです。

<見積の不確定な部分を質す>

見積と言っても初期の段階で提出されたものには未確定の部分の費用は含まれていないのが普通です。つまりその段階までに打合せがすんでいないことをいいことに、高いと思われないようにあえてそうした費用を除外しているのです。

これだと工事費の総額など掴めるわけがありません。したがって、どの程度不確定部分の費用ががあるのかを確認しておかなければいけません。

<諸費用の総額も知っておきたい>

これもよくあることですが、大手ハウスメーカーを除く中小の工務店などでは、最初の見積では諸費用を明確にしないことがあります。

もちろん安く見せるための策略でしょうが、諸費用といっても総額は数百万円に達することも珍しくはありません。したがって初期の段階からトータル金額を明確にしておくことが欠かせません。

【注文住宅では業者の割引話に耳を傾けてはいけない】

戸建分譲住宅やマンションは例外ですが、注文住宅の建築では特に注意しなければいけないことがあります。それはハウスメーカーの営業マンなどが持ちかける<割引話>です。これにうっかり乗ってしまうと後で後悔することが多いからです。

なぜならその手の割引話にはえてして裏があることが珍しくないからです。それは次のような理由からです。考えてもみてください。注文住宅というものは値段交渉の際には、まだ存在していません。

工事が始まるのは値段交渉がすんでからです。ということは交渉次第で工事内容を変更することもできるのです。つまり、うっかり値引き話に乗ったりすると、その値引き分を工事費に反映させるかもしれないのです。

つまり値引きした分だけ建物の品質を落とされるのです。怖い話ですが、これも現実の姿です。覚えておいて損はありません。

(記事提供:Ignition Invest)