在来工法の特徴やメリット・デメリットについて

写真c4865da12b5f5994dd8a_m

住宅の建築方法はハウスメーカーによって異なります。したがってメーカー選択の前に工法の違いを知っておく必要があります。ここでは在来工法について書きます。

【木造軸工法の建築方法は?またどんな特徴があるのか】

住宅の工法には、木造住宅では在来工法と呼ばれる「木造軸工法」、それに「ツーバイフォー工法」の二つがあります。では在来型工法である木造軸工法とはどんな建築を言うのでしょうか。

この方法は、簡単に言えば<柱と梁の軸組による工法>のことです。この工法の特徴はツーバイフォー工法などに比べて設計上の制限が少ない点です。とは言え、完成した住宅の外観は他の工法と差があるわけではありません。

ではツーバイフォーより優れているかと言えば、その点については判断が難しいのが正直なところです。なぜならハウスメーカーなどの業者の能力によっても完成度が異なってくることもありますから一概には言えないのです。

ではこの木造軸工法のメリットやデメリットはどんな点なのでしょうか。以下それについて見ていきましょう。

【木造軸工法のメリット・デメリットはどんな点なのか】

木造軸工法の具体的なメリットとデメリットを並べてみましょう。

<木造軸工法のメリット>

  • 工法が伝統的なので木造住宅を売りにするハウスメーカーのほとんどが対応できます。そのために業者の選択肢が広くなります。
  • 業者の多くがこの工法を採用しているため、材料が豊富で揃えやすくなります。
  • 耐震性を向上させるために近年では壁量を増やす傾向がありますが、出入り口の幅である開口幅を大きく取ることには支障はありません。
  • 部分的には難しいこともありますが、将来の変更や改造などに対しては対応力が優れています。
  • 法規問題に差し障りがない限り、将来的にも増築は難しくない。
  • 柱・梁あらわしの真壁造りができるため木の良さを表現できる。
  • 真壁造りにより木の良さである調湿効果が期待できる。

メリットに比べるとデメリットはうんと少ないのですが、挙げられるのは次のような点です。

<木軸組工法のデメリット>
  • 大工の手間料が高くつくためツーバイフォー工法より見積価格は高くなる。
  • 耐震に対しては金物を適切に使用すればツーバイフォーに比べてもそれほ見劣りすることはないが揺れの大きさについては劣ることが否めない。
  • ツーバイフォーに比べて工期が長い。

以上木造軸工法のメリット・デメリットを見てきましたが、良否の判断を下すのは、もう一方であるツーバイフォー工法の長所・短所を見てからのことになります。