ローコスト住宅と言えどもメリットはたくさんある

一般的に価格が安いものは品質が良くない、とも考えられがちです。でも家に関して言えば、ローコスト住宅メーカーだからと言って必ずしも敬遠することはありません。このメーカーゆえの魅力的なメリットもたくさんあるからです。ここではローコスト住宅のメリット・デメリットを見てみましょう。

ローコスト住宅が家を安く建てられるのは何故なのか?

世間ではよく<安物買いの銭失い>、などと言いますが、安いからと言って決して悪いものばかりとは限りません。

人は誰でも良いものを安く手に入れたいと思っています。その願いを叶えてくれるのがローコストハウスメーカーと呼ばれる住宅会社なのです。

でもこうしたハウスメーカーは何故値段の安い住宅を提供することができるのでしょうか。こうした住宅で気になるのはメリットよりむしろデメリットの方です。

ここではそれを考えるために、なぜ価格が安いのか、その理由を考えてみることにします。

一般的にローコスト住宅は最初から間取りやデザインが決められています。つまり決められた範囲のものの中から好きなものを選択するという方式が採られています。

それらのものは比較的小さくて、四角とか長方形の形のデザインが多いのが特徴です。なぜかと言いますと、家が小さいと狭い土地でも建てることができる上に、凹凸を減らすことによって建築費を抑えることができるからです。

それだけではありません四角や長方形のデザインはモダンな感じがして、若年層には高い人気があるのです。こうした点がローコスト住宅のメリットだと言えます。

【ローコスト住宅にはどんなデメリットがあるのか】

価格が安いだけでなく、デザインがモダンなことがメリットとして挙げられるローコスト住宅です。

とは言えメリットがあればデメリットもあります。代表的なデメリットとして挙げられるのは次のような点ではないでしょうか

<デメリット①・オプションを付け加えると価格が高くなる>

シンプルさが売りのローコスト住宅ですが、それに物足りなさを感じるユーザーのためにいろいろなオプションが用意されています。

しかしオプションを付け加えると値段は一気に高くなってしまい、何のためにこの住宅を選択したのか分からなくなってしまいます。

<デメリット②・耐久性が劣る>

ローコスト住宅の素材は必ずしも品質が優れたものばかりとは限りません。また工場で大量組立が行われるため、造りが念入りでないこともあり、これが耐久性に悪影響を与えていることが一部で指摘されています。

したがって購入に当たってはこれら点にはじゅうぶん注意を払わなければいけません。

でないと、せっかく安い価格のおかげでお金が節約できたのに、後で補修や修理に高い費用がかかるのでは、なんのためにローコスト住宅を選んだのか分からなくなってしまいます。

(記事提供:Ignition Invest)

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする