相続税の節税に最も効果的な方法とは?

写真aac513596699878df453_m

2015年の税制改正では相続税だけでなく贈与税も改正されました。この改正により生前贈与による節税が有利になりました。ここでは相続税節税に効果的な生前贈与について詳しく見ていきましょう。

【生前贈与で財産を移転すると節税につながる】

生前贈与を行うと親から子・孫などに財産を移転できるだけでなく相続税の節税にも繋がります。なぜなら相続する財産を減らすことにより相続税が少なくなるからです。

相続税は累進課税制度を採用しているため、相続対象の財産が多いほど税額が大きくなります。したがって当然のことながら相続時の財産が少なければそれだけ税額も少なくなるのです。

そのために効果があるのが生前贈与です。生前贈与を行うと、1人につき年間110万円の基礎控除があります。1年110万円とは言え、仮に10年間続ければ1100万円、20年では2200万円にもなります。

つまり1人の相続人に対して20年に渡って生前贈与を行えば2200万円も財産を移転することができるのです。それに贈与税は贈与した人に対してではなく、贈与された側に対して課税されるものですから、仮に相続人3人に対して行うと、年間に非課税で330万円を贈与することができるのです。

したがって長期的な視点に立って生前贈与を行いますと、確実でしかも大きな節税効果を得ることができます。

【長期に渡る生前贈与には注意が必要】

毎月110万円ずつを非課税で贈与する形を暦年贈与と呼びます。この暦年贈与は相続税の節税に繋がるのは間違いないのですが、長期間にわたって贈与を続ける際には注意が要ります。

それは<はじめからまとまった額を贈与するつもりで、それを単に長期に分割して贈与したもの>とみなされる恐れがあるからです。

もしそうみなされると、全額が最初の年に贈与したことになり、その額に対しての相続税が課税されます。それを避ける貯めには次のような注意が必要になります。

<注意点①>

贈与が行われたときは、毎年贈与に関する契約書を作成しておきます。こうしておくとまとまった額を贈与するものとみなされません。

<注意点②>

贈与を受ける人が管理する口座に振り込むようにする。こうすると贈与によるお金の動きが証拠として残るからです。

【住宅取得のための生前贈与も相続税節税の効果がある】

相続税が節税できるのは上で説明した暦年贈与だけではありません。その他にも両親が20歳以上の子や孫に対して1000万円までの住宅所得のための資金を贈与したときも非課税扱いになります。これに歴然贈与を加えると贈与対象1人につき年間1100万円も節税できることになります。

ファインドゼロ提携・相続税相談

相続税相談