大手ハウスメーカーにはこんなメリット・デメリットがある

家を建てるにはまずハウスメーカーを選ばないといけません。この選択に際しては、ともすればテレビのCMなどでおなじみの名の知れた大手の会社ばかりに目が行きがちになります。

でもこうした大手のハウスメーカーとは言え、決してオールマイティではありません。したがってメリットもあればデメリットもあります。この点をよく押さえた上で選択に臨まなければいけません。

【大手ハウスメーカーにはどんなメリットがあるのか】

大手ハウスメーカーには大手ゆえのメリットがあります。代表的なメリットとしては次の4点が挙げられます。

<第一のメリット・優れた品質管理>

大手ハウスメーカーはなんと言っても信用を大事にします。そのためにも欠陥住宅など建ててしまうと大変なことになります。したがって品質管理には万全の体制で臨んでいます。

<第二のメリット・工期が短くて狂いがない>

工場で大量生産された材料を使ってマニュアル化された施行方法で工事に当たリますから、工事日程に狂いが生じることなく建築がスピーディに進み、多くの場合日程どおりに完成します。

<第三のメリット・豊富な選択肢からプランが選べる>

大手のハウスメーカーには、なんと言っても長年にわたって培ってきた豊かなノーハウがあります。したがってユーザーは各々の生活スタイルに合ったプランで家を建てることができますから、オリジナリティやユニーク性を出すことができます。

<第四のメリット・優れた耐震・免震技術>

東日本大震災以降、住宅の耐震性に対する人々の関心が高まっていますが、大手ハウスメーカーは多大な費用をかけて耐震技術や免新技術の研究に力を注いでいます。これは街の工務店にはできないことです。

【大手ハウスメーカーと言えどもデメリットはある】

大手ハウスメーカーと聞けば、良いことずくめで悪い点などないのでは、と思っているユーザーもいるかもしれません。でも何ごともメリットがあればデメリットがあるのが世の常です。でもそれはいったいどんな点なのでしょうか。

<第一のデメリット・価格が高い>

工務店などと比べると大手ハウスメーカーのほうが価格が高いのが普通です。理由は広告宣伝費、モデルハウス維持費、人件費などの経費が嵩むからです。これによってせっかく材料の大量生産などで抑えられたコストも相殺されてしまい、結果的には工務店などと比較しても、むしろ割高になってしまいます。

<第二のデメリット・予算オーバーが多い>

ハウスメーカーには規格が外れると価格が大幅に上昇するという習性があります。そのためオプションの変更や追加があると予算オーバーになることが多いのです。

<第三のデメリット・融通性がない>

大手ハウスメーカーは規格住宅が前提になっています。そのため設計の自由度が極めて低いため融通が利きません。

<第四のデメリット・追加プランが難しい>

上でも書きましたがハウスメーカーは規格住宅が前提になっているため、プランに追加があると価格は大幅に上昇します。

(記事提供:Ignition Invest)

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする