REITは短期投資、長期投資のどちらを狙うべきか

写真c5bf1c1ec65b690_m

不動産投資信託(REIT)には短期投資と長期投資の二つの投資タイプがあります。一般的に不動産投資信託は長期投資が良いと思われがちですが、短期投資にもそれなりの魅力があります。

【REITの短期投資とはどのような方法なのか】

REITはどちらかと言えば長期投資に向いていると言われていますが、必ずしも短期投資に向かないとも言えません。

なぜならREITと言えども上場している限り少なからず市場の影響を受けるからです。REITは今後も取引額が増えることが予想されていますから、そうなると長期投資タイプだけでなく、短期投資タイプにも投資家の参加が増えると予想できます。

そもそもREITは投資とは言え、不動産の賃貸収入が利益の元になっている安全性を謳った投資です。

とは言え、経済に大きなマイナスを与えるニュースが流れると、株価と同じように値崩れを起こします。ということは長期で預けるだけでなく、売却益だけを狙った短期投資を狙うのも決して悪い方法ではないのです。

【REITの長期投資は短期投資と比べるとどんな点が有利なのか】

投資関連のセミナーなどではよく<REITは配当性の高い投資なので長期投資に適している>などと言われています。でもそうとばかりは言えません。

なぜならREITは上場しているのですから市場の影響を受けることが少なくないからです。とはいえ今はNISAという投資に対して味方をしてくれる強力な非課税制度があります。したがってこれを利用すると長期投資の方がが良いと言えるかもしれません。

なぜならNISAの非課税期間は2014年から2023年までと非常に長いからです。したがってこの期間に投資取引をすれば年間100万円までの投資資金なら配当金や売却益が無税扱いになリ非常に有利になるのです。

ということはこの期間にNISAを使ってREITの長期投資をやれば良いのです。新聞やテレビなどでたびたび報道されていますからご存知でしょうが、現在日銀は黒田総裁が先頭になり、物価を2%上昇させるインフレ目標を掲げています。

今後もしその目標通りになるとすれば、お金の価値は年に2%ずつ減ってくることになります。そうなれば人々は資産を不動産に移す動きに出るでしょうから、結果としてはREITに対していい影響を与えます。

これも長期投資が良い理由です。また分配金の利回りにしても、株式に比べると高い水準を維持しているようですから、この点もNISAを使っての長期投資には有利になります。ただし、投資リターンを多くするためには取引の少ない出来高の低い銘柄を選ばないようにする注意が必要です。

(記事提供:Ignition Invest)