不動産投資信託(REIT)の2通りのタイプとは?

写真1ad11f0d1782e3a4_m

REITはスタート当時からあった「契約型投資信託」に加えて、後で「会社型投資信託」が生まれました。

これにより今では二つのタイプが運用されています。このうちの会社型投資信託は、今後の市場拡大が益々大きくなると期待されています。

今後も市場の拡大が期待されるREIT<会社型投資信託タイプ>

一般的に<J-REIT>と呼ばれているもので不動産投資法人という不動産の投資および運用を目的とした法人を設立し、広く投資家から資金を集め、まずその資金を不動産の所有に充てます。

この不動産投資法人は証券取引所に上場することによって投資証券の発行が可能になります。

それによって投資家は株式と同じように証券会社を介して市場での証券の売買ができます。とは言え不動産投資法人自体は法律で不動産を運用することが禁じられています。

そのため不動産の選定、運用や保管管理、それに一般の事務などの業務は外部の会社に業務を委託しています。

そしてそうしたところで運用され、それによって得た収益を分配金として投資家に配分しているのです。これに対してもう一つの<契約者型投資信託>とはどのようなものなのでしょうか。

【古くからあるREITの<契約型投資信託タイプ>

よく目にすることがあると思いますが「○○ファンド」等と名づけられた従来型の投資信託が「契約型投資信託」と呼ばれるものです。このタイプは「委託者指図型」と「委託者非指図型」の二つに分かれます。

これら2者の違いは、投資家と信託銀行の間に投資信託委託業者の介在しているかどうかという点です。

REITの投資では会社型投資信託では投資証券が発行されますが、この契約型投資信託の場合に発行されるのは<受益証券>と呼ばれるものです。

契約者指示型の場合は他の証券投資信託と同じように投資家、信託会社の2社の間には投資信託委託業者が介在します。

その業者が不動産の選定と運用を行い信託銀行に信託勘定を設けます。また信託銀行はこの投資信託委託業者を通じて不動産の保有や管理を行うのです。

では「委託者非指図型」とはどんなタイプなのでしょうか。これは投資家と信託銀行に委託業者は介入しませんから、信託銀行が不動産の運用・保有・管理などのすべての業務を担当することになります。

(記事提供:Ignition Invest)