在来工法より丈夫で、2×4工法よりも改装・改築が容易な家

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

今回は、在来工法より丈夫で、2×4工法よりも改装・改築が容易な家、

軽量鉄骨造についてのトピックスです。

軽量鉄骨造とは、建物の柱や梁などの構造材に厚さ6mm未満の鋼材を使った建物のこと。非常に軽く、安価なにもかかわらず丈夫なのが特長で、木造軸組み工法を凌ぐ耐震性や耐久性を実現出来ます。ちなみに、木造住宅の法定耐用年数は22年なのに対し、軽量鉄骨造は27年となっています。

軽量鉄骨の加工には大がかりな機械が必要であることから、その多くを工場で加工する事が多く、軽量鉄骨住宅の多くはプレハブ(工業化)住宅でもあります。

基本的な構造は在来工法(木造軸組み工法)とほぼ同じで、

構造材を木の柱ではなく軽量鉄骨の柱に置き換え、筋交いの代わりに「ブレース」と呼ばれる鋼材を”たすき掛け”に入れて強度を高めていると考えると分かりやすいかもしれません。

木造住宅のように複雑な加工を必要とせず鋼材と鋼材はボルトで固定するため、建築も容易で短期間に確実に施工出来ます(つまり人件費も抑えられます)。このため、建築コストが安いにもかかわらず、在来工法以上に丈夫で、しかも2×4工法などよりも改装・改築が容易という特長があります。

これに加えて、工場で精密に加工された壁パネルなどをはめ込むことで、在来工法の弱点のひとつであった断熱・機密性能を高め、耐震性能も向上させることに成功しています。

また、在来工法は大工さんの腕によって住宅性能や耐久性にばらつきが生じがちですが、工業化によって品質にばらつきのない、信頼性・安定性の高い均質な住宅を実現しているのも大きな特長です。

また、工場である程度加工されてから現場で組み立てられることから、工期が短くて済むというメリットもあります。さらに、工業化によって大量生産によるコストダウンが可能となり、その分、より良い設備仕様を採用できるメリットも挙げられます。

一方、

弱点としては高い熱が加わると構造体が変形してしまう恐れがあること。

火事になった場合、木造は表面が炭化するだけで太い柱が焼け残る(つまり建物が焼け落ちずに残る)事が多いものですが、軽量鉄骨は高温に長時間さらされると熱でぐにゃりと曲がってしまう事があります。こうなると、もう建て替える以外ありません。

また、工業化されているため、間取りや仕様はある程度パッケージ化されており、制約の多い土地の場合や、特殊な間取りを希望される方には向かないケースもあるようです。

また、強度にはある程度制限があるため、屋上の利用は難しいかもしれません(もちろん、一部に重量鉄骨を使うなどの対応により不可能ではありません)。

昔は、軽量鉄骨造の建物は2階や隣室の音が聞こえるなど、防音性が問題にされた時期もありました。しかしこれは、構造材の問題ではなく、壁や床の防音性能の問題です。今では、壁パネルなどの性能向上によって、音の問題も解消されつつあります。

構造材には軽量鉄骨を使っているものの、壁や床など、居住空間は木など温もりのある素材で仕上げられているため、

居住性能自体は木造住宅と変わりません。

また、軽量鉄骨は錆びるといった声も一部にあるようですが、現在はしっかり対策を取っていますので錆びの心配も殆どありません。