重要事項説明に気をつけなければいけない

写真bebdcbecfffe7e0211_s

新築一戸建て購入などの不動産取引に際してはトラブル予防に対する心がけが欠かせません。そのために大切なのが<重要事項説明>に気を配ることです。

重要事項説明は契約書を交わす前に行われます。スムーズに契約を行うためには、重要事項説明の内容をでじゅうぶんに理解して納得しておかなければいけません。

【重要事項説明とは何なのか】

新築一戸建てを購入する際には契約書を交わします。でも契約の決断を下す前にしなければならないことがあります。それは建物の品質や取引条件などを綿密にチェックすることです。そのためにあるのが重要事項説明です。この説明は<宅地建物取引士>によって行われます。

説明は<重要事項説明書>に書かれている内容を元にして行われますが、内容は項目が多岐にわたっており、一度聴いただけですべて理解することは困難です。

したがって説明内容をじゅうぶん理解するためには、説明後にこの書類を受け取るのではなく、事前のできるだけ早い時期に入手しておく必要があります。

その上で、あらかじめ目を通しておくことが大切なのです。でないと、中途半端な理解で契約に臨むことになりかねません。これが後々のトラブルに結びつく可能性もじゅうぶんあるのです。

したがって重要事項説明書には、事前にゆっくり時間をかけて目を通しておくことが得策なのです。

【重要事項説明書は契約書とどう違うのか】

新築一戸建ての購入に際しては売手と買手の間で契約書が交わされることはよく知られています。

しかし重要事項説明書が交わされることについては、知らない人も多いのではないでしょうか。

でもなぜ契約書の他にこうした書類が必要なのでしょうか。大切なことは契約書にすべて書かれているはずなのに、何故その上にこうした書類が必要なのでしょうか。いったい両者の内容にはどんな違いがあるのでしょうか。

重要事項説明は不動産取引に関しての経験や知識がないユーザーが、詳細内容や取引についてよく理解しないまま契約することを防ぐことを目的になされるものです。つまり、そうした取引によってユーザーが損失を被らないために設けられた制度なのです。

この説明に当たるのは、不動産取引法務の専門家である宅地建物取引士(以前は宅地建物取引主任者と呼ばれていました。)に限られています。この担当者が重要事項説明書に書かれている内容をユーザーに説明して署名捺印をもらうのです。これによって、商品や取引に関する重要事項の説明を受けたことになり、その後初めて契約へと進むことができるのです。

これで分かるとおり、重要事項説明書と契約書は同じものではなく、各々独立した別個の書類です。

したがってこの書類の説明は、新築一戸建て購入の契約に到るまでの大切なプロセスの一環ですから、決しておろそかにすることはできません。

(記事提供:Ignition Invest)