住宅購入時の大きな指標!新築一戸建ての価格相場とは

写真2d4ee75995a9_m

住宅購入は難しい

今すぐ住宅を買わなければならなくなったとき。あなたは、何を指標として購入を決めるでしょうか。締め切りが迫らなければなかなか仕事に着手できない人がいるように、誰かに背中を推されなければ大きな決断ができない人もいます。

住宅という高額の商品を目の前にして、 有効な判断材料となるものは果たしてあるのでしょうか。

意思決定の材料となるもの

意思決定を前に進めるためには、まず、判断に必要な「材料」を集めなければなりません。住宅の場合であれば、立地、予算、価格、借りられるローン金額などが判断材料となるでしょう。

そうした要素を下調べした後に、はじめて意義のある決断ができるようになります。その中でも大きなウエイトを占めるのが「価格相場」です。

新築一戸建ての価格相場

新築一戸建ての場合でいうと、価格相場は立地や土地の大きさ、あるいは建物の構造などによって上下することになります。

どのような要素が住宅の価格相場を形成しているのかを理解して、適正価格を導き出せるようにしましょう。

<地域ごとの違い>

地域ごとの価格相場の基準となるものには「公示地価」や「路線価」があります。公示地価とは、法令に基づいて国家機関等が公表している土地の値段のこと。

路線価とは、路線(道路)に面する標準的な土地評価額のことで、課税価格を決める基準となるものです。この2つをチェックしておけば、その地域における土地の相場がわかります。

<上モノと土地の値段>

また、「上モノ」と呼ばれる住宅本体の価格や、大きさや形状によって異なる土地の値段についても調べておく必要があります。提示された価格をそのまま鵜呑みにせず、なぜその価格が設定されているのかを確認することが大切です。

とくに、不自然に安い場合には、何らかのマイナス面が隠れていると疑ってみましょう。

<大幅に下げる業者も>

近年では、販売当初から大幅に値下げすることを見越して売り出している業者もいます。場合によっては初値の半額近くまで下げる業者もいますので、立地やその他の条件だけで飛びつかないようにしましょう。

地域全体の相場が下がれば、必然的に下げざるをえない場合もあります。情勢を冷静に見守る姿勢が求められます。

【社会情勢も考慮しよう】

社会情勢の変化から、個別の住宅価格がどのように変わるのかを予測するのは簡単なことではありません。しかし、時勢に対して敏感になっておくことで、より有利に住宅を選べるようになるのは間違いありません。

少なくとも、手練手管の不動産業者に対して交渉するよりかは、はるかに実りがあるでしょう。

(記事提供:Ignition Invest)