新築一戸建てを検討するなら!押さえておくべき購入時の3つの注意点

自分の”城”を手に入れる

一戸建てを購入するということは、自分の”城”を手に入れるのと同じです。現代は、かつてのような高度成長期とは異なりますが、それでもやはり家を持ちたいと考えている人は多いでしょう。

安らげる場所であり、家族との団らんの場所であり、そして人生の多くを過ごす場所。家を購入するということは、それだけ意味のあることなのです。

検討材料は多々あれど

ただ、どの住宅を購入するかを決めるのは、なかなか難しいものです。費用、立地、設備、あるいは住み心地など、検討材料は多々ありますが、どれを重視すればいいのか判断するのは容易ではありません。

最終的に、いつかは決めなければならないとわかっていても、値段が値段なだけに尻込みしてしまうこともあるでしょう。

新築一戸建てを購入する際の注意点

とくに新築一戸建てとなると、決断はより難しくなります。現物があればまだしも、これから建築する場合には、完成形を頭のなかでイメージしなければなりません。だからこそ、見た目や価格だけで決めるのはオススメできません。

新築一戸建てを購入する際には、以下の3点を考慮するようにしましょう。

<1.物件周辺の環境>

まず最初に、いきなり物件を吟味するのではなく、「物件周辺の環境」から判断するようにしましょう。土地や建物を見に行く際には、電車や車ですぐ側まで行かずに、じっくりと歩いてみることが大切です。商業施設や公共施設、学校や病院など、暮らしを支えるインフラ面に加え、景観や町の雰囲気についても判断材料にしましょう。

<2.業者のチェック>

また、「業者さんの対応」や「担当者の人間性」についてもチェックしておきたいところです。一見、物件選びとは関係ないと思われるかもしれませんが、購入後に心から納得するためには重要な指標となります。

評価やクチコミを見て、マイナスの部分が目立つような業者には、必ずなんらかの後ろ暗い部分があると理解しておきましょう。

<3.家族の総意を得られるか>

そして忘れてはならないのが「家族の総意」です。ご主人が一方的なペースで、あるいは両親が子どもの意見をないがしろにして物件を選んでしまうと、せっかくの家族の幸せに影を落とし兼ねません。

ある程度の妥協は必要となりますが、最終的にはみんなが納得できるような物件を選択するようにしましょう。

【幅広い視野を持って】

住まいを選ぶということは、一面的なものではありません。どんなに立地が良くても、どんなに価格が安くても、それだけで決めてしまうのは賢明とは言えないでしょう。もしかしたら、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。

安易に判断せず、幅広い視野を持って検討することが大切ですね。ゴールは家族みんなの幸せです。

(記事提供:Ignition Invest)

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする