自分なりの優先順位を見つけよう!新築一戸建て購入時のチェックポイント

写真e6374734eb0ee926e812b_m

新築一戸建てへのこだわり

あなたの周りには、住宅を購入する段になると、必ず「新築一戸建て」を主張する人はいませんか。それは決して珍しいことではありません。

実家の影響もあれば、両親や先輩の影響をうけて「いつかは自分も」と思うのは自然なことです。あこがれを抱くことが、そのまま自身の夢になれば、仕事に対する意欲もわくというものです。

なぜ新築一戸建てなのか?

ただし、「なぜ新築一戸建てにこだわるのか」ということについては、明確な理由を持たなければなりません。最初から他の選択肢を排除してしまうと、本当に自分が欲しているものが何なのか判断できないからです。

また、一緒に住む家族のことを考慮してあげないことには、幸せな家庭を築くのは難しいでしょう。新築一戸建てだから優れているということにもなりません。

自分なりの優先順位を見つけよう!

そこで、住宅を購入する際には、自分なりの優先順位を見つけるようにしましょう。必ずしも、世間の評価だけで判断する必要はありません。

胸を張って周囲の人に「新築一戸建てに決めた!」と言えるまで熟考してみてください。たとえば、以下のような指標が考えられます。

1.価格面

かつては高嶺の花と思われいた新築一戸建て。しかし今では、手頃な値段で購入できる物件も増えています。実際に、定年間際にようやく支払いを終えられるような無理なローンを組むことなく、若くして夫婦で返し終えてしまうという事例もあるほど。

価格面で新築一戸建てを選ぶという選択も、あながちおかしなことではありません。

2.設備面

間取りを含めて、内装にこだわりたいという人は、やはり新築一戸建てを選ぶ傾向にあります。マンションでもある程度は融通がきく物件もありますが、ゼロから建築する新築一戸建てには敵いません。

お風呂や収納など、あらかじめ「こうしたい!」という望みがある方は、やはり新築一戸建てを選ぶべきでしょう。反対に、地下の駐車場やオートロックを望むならマンションが向いています。

3.環境面

最後は環境面についてです。一度購入してしまえば環境を変えられないという点についてはマンションも一戸建ても同じですが、建てられる場所はそれぞれ異なります。

景観の維持や日照権を理由にマンションを建築できない場所に関しては、新築一戸建てを建てるしかありませんよね。その周囲であれば、高層ビルが建つ心配もありません。

【オリジナルのチェックリスト】

自分がどのような望みを持っているのかが明確でない人は、ぜひオリジナルのチェックリストを作ってみてください。要望を目に見えるかたちにし、あらかじめ優先順位をつけておけば、いざという時にもスムーズに決断することができますね。チャンスはいつ訪れるかわかりません。

(記事提供:Ignition Invest)