広大な敷地の多目的公園「舎人公園」

舎人公園

舎人公園は、足立区にある都立公園です。

約61.2ヘクタール、およそ東京ドーム13個分もの広大な敷地があり、東西にのびる尾久橋通りと南北を横切る道路によって4分割され、「A地区」、「B地区」、「C地区」、「D地区」と呼ばれるエリアに分かれています。

尾久橋通りを挟んで公園の西側にあたるエリアにはスポーツ施設が充実しており、東側のエリアには自然と親しむことができる場所が多く、エリアごとに異なる顔を持った、多目的に利用ができる公園です。

北西部分にあたるA地区には、第3種公認の陸上競技場やプレイグラウンド、テニスコート、ドッグランといった施設が広がっています。

春の花火とレーガン桜

南西部分のD地区には野球場があり、その脇にはナンシー・レーガン元大統領夫人から贈られた「レーガン桜」が植樹されています。この公園は都内における花見の名所としても知られていて、桜が見ごろの時期には「春の花火と千本桜まつり」が開催され物産展や各種ステージなどの様々なイベントが行われます。

特に花見の季節にはめずらしい「春の花火」は、流れる音楽とともに、桜をイメージした花火がおよそ30分の間に約3000発打ち上げられ、華やかに夜空を舞うメインイベントです。

【動画】2012年 舎人公園 春の花火と千本桜まつり Spring Fireworks&Cherry blossom Festival

北東部分にあたるB地区には、夏季限定で対象年齢の子供がウォータースライダーなどの水遊びが楽しめる「じゃぶじゃぶ池」や、ソリゲレンデ、健康遊具のあるフィットネス広場、そして幼児公園など、様々な年齢の子供が楽しめる設備が充実しています。

またあらゆる動植物が生息する大池、キャンプ場、バーベキュー広場や、お花見広場、芝生広場など、自然あふれる開放的なスペースの中で伸び伸びと過ごすことができます。

さらに路面に距離が表示されたジョギングコースが整備されており、信号がなく走りやすいコースのため豊かな緑や眺望を楽しみながら気持よく体を動かすことができます。

そして、同じB地区には、ダイヤモンド富士を眺めることができる高台の「ゆうひの広場」や、同じく高台に位置し360度を望む夜景スポットとして知られる「あさひの広場」があります。子供から大人まで、季節や時間帯を問わず楽しめる見どころが豊富にそろっています。

更に拡大する、舎人公園

なお東南部分にあたる「C地区」は2015年3月現在も造成中で、まだ未完の状態のため最終的には敷地がおよそ69.5ヘクタールまで拡大される予定になっています。

また公園へのアクセスには都営日暮里・舎人ライナー「舎人公園」駅が使え、駅を降りてからは徒歩1分の距離です。

天気の良い休日には、空を眺めながら緑に囲まれた公園でゆっくりと日頃の疲れを癒やしたり、家族で出掛けて広場でのバトミントンやキャッチボール、キャンプやバーベキューをしたりなど、休日の楽しみ方を広げることができます。

舎人公園へのアクセス
  • 住所:東京都足立区舎人公園1-1
  • 電話:03-3857-2308(舎人公園サービスセンター)
【動画】ゆかりの公園ハント 舎人公園編

舎人公園がある、東京都足立区の新築一戸建て

ファインドゼロで現在掲載されている、東京都足立区の新築一戸建て物件の所在地を地図で表示しています。地図を拡大・移動してご覧下さい。地図上に表示されたアイコンをクリックすると物件情報が開き、タイトルをクリックすると物件の詳細ページに移動します。掲載されている新築一戸建ては全て仲介手数料無料でご紹介しています。

  • 該当する物件の数によって、表示されるまでに多少時間がかかる場合があります。
  • アイコンは物件の場所をピンポイントで表示するように設定していますが、誤差が生じる場合があります。
  • ページをリロードすると最初に表示された地図に戻ります。
  • 東京都足立区の新築一戸建てページ