そもそも坪単価とは何なのか

坪単価を簡単に言えば、新築一戸建て住宅本体の一坪、つまりタタミ2畳分当たりの広さに対する価格のことです。したがってこの坪単価に延床面積の坪数を乗じたものが建物の本体価格になります。

こう聞けば坪単価は分かりやすいと思う人は多いでしょう。しかしこの坪単価にはいろいろなカラクリがあり、簡単に信じると後で後悔することが少なくないのです。

知っておきたい坪単価のカラクリ

坪単価の計算式を書くと次のようになります。

建物本体価格 ÷ 延床面積 = 坪単価

これに数値を当てはめますと、

建物本体価格3000万円 ÷ 延床面積50坪 = 坪単価60万円

というふうになります。

このように、これ自体は計算方法もシンプルでわかりやすいものです。でも厄介なのは計算方法が一種類だけでなく、メーカーによって方法が異なる場合があることです。

それは面積に対して延床面積を使う場合と、施行面積を使う場合があるからです。延床面積とは各フロアーの床面積を合計したものです。これに対して施行面積は建築基準法では延床面積には含まれないことになっている、ベランダ、収納庫、あるいは玄関ポーチや車庫、さらには地下室にいたるまですべて含まれるのです。

したがって延床面積より大幅に広くなります。その結果、施行面積で計算すると坪単価はうんと安くなるのです。

こんなことができるのも坪単価の計算方法にこれという決まりがないからなのです。

したがって坪単価を正しく知るためには、延床面積と施行面積のどちらを使っているかを事前に確認することが欠かせないのです。

ミステリアスな坪単価に騙されてはいけない

また坪単価で注意しなければいけないのは計算方法だけではありません。なぜなら坪単価はあくまで本体価格に対するもので、敷地や地盤などの条件次第で必要になることが多い別途工事に対する費用は一切含まれていないことが多いからです。

そうした別途工事費とは、水道の引き込み、あるいは屋外給排水工事費やエアコンなどの空調設備費などです。

また、建築用語で外溝工事とも呼ばれる庭やガレージなどの工事費もあります。こうした費用はトータルでは馬鹿にできない金額になります。

しかし坪単価を安く見せるために本体価格には加えずに、別途工事費用として、あえて除外して計算しているのです。

坪単価が変わる理由は他にもあります。それはたとえ床面積が同じ場合でも、家の形状によって坪単価は変わってくることがあるからです。

つまり宅地の形によって、建物は正方形の箱型であったり、凹凸の多い形であったりします。こうした場合は工事費は大きく変わってきますから、2者の坪単価は異なってきます。当然凹凸の多いものの方が高くなるのです。

これで分かるように坪単価だけを見て、最終的な総建築費を出すのは、土台無理なことなのです。しかし、こうした坪単価が大手を振ってまかり通っているのが建築業界の現状なのです。こうしたことから考えますと、坪単価にはたいして意味がないということになります。つまり坪単価とは、ハウスメーカーが建築費用を安く見せようとして、便宜上つけたもの、と言っても過言ではないのです。

(記事提供:Ignition Invest)

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする