新築一戸建ての購入で失敗しないためには

写真760fa33fa5b80903e8da_m

新築一戸建ての購入がいかに人生最大の買物だとはいえ、必ずしも上手くいくことばかりではなく、場合によっては失敗することもあります。とはいえ簡単に買い換えができる物ではないだけに、それだけはなんとしても避けなければいけません。でもなぜ失敗が起こるのでしょうか。

モデルハウスを簡単に信じてはいけない

住宅を購入する際、住宅展示場のモデルハウスに足を運ぶことは珍しいことではありません。訪問の目的は実際に住宅のサンプルを見ることによって、デザインや品質を確認することにあります。したがってこの行動自体は間違ってはおらず、ごく自然なことだと言えます。

でも、モデルハウス見学には危ない問題が潜んでいることもまた事実です。なぜなら新築一戸建て購入の失敗が、モデルルームの見学が原因で起こることもあるからです。

失敗が起こる最も大きな理由は、見学者がモデルハウスの内容を実物と同じものだと思い込むことにあります。実はモデルルームは実物と同じでない場合が多いのです。というのは、業者はモデルハウスをできるだけ立派に見せたいために、実際とは異なるいろいろな装飾を施したりして、外見を思いっきり飾っていることが珍しくないからです。

そのためパンフレットに載せている標準仕様の商品に様々なオプションを付け加えることによって、同じ商品群の中で最高ランクのグレードにしているのです。したがってこれを実物と勘違いしたら大変なことになります。

それを避けるためにも、モデルハウス見学に当たっては、パンフレットと見比べて、どこに相違がある点を確認することが欠かせません。以下、モデルハウスを見学する際の注意点を書いておきます。

モデルハウスのチェックポイント

  1. 部屋の広さが十分かどうか。
  2. 部屋の配置などについて、実際に住むシーンをイメージしながら確認する。
  3. リビング、キッチン、玄関などの収容力を家族の数と比較して確認。
  4. キチン、トイレ、バスルームなどの設備と広さ、コンセントの位置や数、電話とインターネットの接続口や使用している建具など。
  5. 敷地の所有範囲、駐車場、、庭と庭木などの確認。2世帯住宅の場合の共有設備、日当たりや風通し、防犯設備など。

住宅営業マンのペースに乗せられてはいけない

ハウスメーカーが決まっていよいよ購入の交渉が始まると、登場してくるのが営業マンです。この営業マンとは契約交渉から住宅完成の期間まで長い付き合いになるのが普通です。

したがって、できることなら施主にとって良い営業マンであって欲しいのは言うまでもありません。しかし、覚えていて欲しいのはハウスメーカーの営業マンには百戦錬磨のやり手が多く、油断をするとすぐ術中にはめられてしまう、ということです。

これでは相手のペースで交渉が進められますから、施主側が不利になること請け合いです。したがって、それだけは避けて、できることなら施主のペースで交渉に臨まなければいけません。そうでなければ、後で後悔することが多くなり、新築一戸建てに購入が失敗に終わるかもしれないのです。

営業マンとの交渉で特に注意したい点は、予算、モニター、キャンペーン、見積、工期、解約などです。なぜならこうした点については、往々にして裏があることが多く、営業マンの言うことを信じたら損をすることになるからです。

特に予算については最大の注意を払い、最初から100%の金額を伝えず、多くても80%程度を伝えておきましょう。理由については別項で説明します。

(記事提供:Ignition Invest)