新築の家を建てる時に減額措置を受けられる


新築の家を建てるときに考える必要があるのは、固定資産税評価額であり、

固定資産税の減額措置を受けられることです。

基本となるのは、固定資産税評価額ですが、これは評価額は土地については時価の70%、建物については50~70%であり、評価額は3年毎に見なおしし、評価替えがあります。

新築の家を建てる時に減額措置を受けられるというのは、固定資産税額は固定資産税評価額かける1.4%なので新築部分のうち、居住部分だけで120平方メートルまでが減額の対象となります。

実際に減額される税額は家屋部分の固定資産税の半分です。

さらに、固定資産税が課税される年度から3年以内と決められているのできちんと手続きをすることが大切です。

基礎知識として知っておいたほうが良いことは、家屋の評価額が実際の建築価格よりかなり下がるものなので、評価額は低いほど購入者にとってはお得です。

減額措置を受ければ、

住宅ローンの頭金を少なくすることができてかなり経済的負担が軽くなります。

この減額措置を知っていると知っていないのとでは、ローン初めの不安感がだいぶ違ってきますので、評価額などの計算方法を専門家から聞いて勉強しておくことが大切です。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする