元利均等返済は、一定の返済額を決めて支払う方法です

写真ca1e96f33401950609273b2_m
元本は「がんぽん」と読み、

住宅ローンを借り入れた際の金額のことをいいます。

元金と呼ばれることもあります。

利息は含まれず、純粋に借りた金額のことを意味します。

住宅ローンを返済する時には、元本だけを支払うのではなく、そこに利息がかかってくることになります。

利息は、金融業者が定めた金利や返済期間によって、その金額が計算されることになります。

元金に利息を加えた額が、住宅ローンの総額ということになります。

また、住宅ローンの返済では、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類が代表的です。

元利均等返済は、一定の返済額を決めて支払う方法です。

最初の負担が低く、返済計画が立てやすい方法です。

それに対し、元金均等返済は、返済額がだんだんと減少していく支払方法です。

こちらのほうは最初の負担が大きくなりますが、元金の減りが早く、総返済額は低くなります。

また、ニュースなどで「元本割れ」という言葉が出てくることがありますが、これは物件を手放したい際に、借りたお金を下回る価値しかないことを意味しています。

その場合は、不動産を手放したけれど、借金だけが残る結果になります。

不動産投資をするような場合に、よく考えなければいけないポイントです。