保証金とは、賃貸契約をする際に最初に支払う金銭のことです。

写真57c63e5d915e3d58d0a9_s

敷金や礼金という言葉が昔は一般的でしたが、

最近では関西を中心に、保証金と呼ぶ地域が増えつつあります。

礼金とは、入居時に大家に支払うお金で、これは返済されることはありません。

その一方で、敷金や保証金は、家賃を滞納した際の補てんしたり、室内の修繕や汚れの掃除などに充てられるものです。

家賃の数か月分を事前に大家に預けるという形になります。

解約時には、部屋を借りたときと同じ状態に戻す原状回復義務があり、元通りにするために預けたお金が使われることがあります。

特に何も問題がなければ、それらのお金は全額返金されるはずのものです。

しかし、入居時に「敷引き特約」という契約をする不動産会社もあります。

その場合は、特に修繕などの必要がなくても、

数か月分の家賃あるいは固定金額をが返金されないということがあります。

解約までの年数によっても、その割合は変動し、長く入居するににつれて差し引かれる金額が高くなる傾向があります。

部屋をきれいに使って支払った全額が戻ってくると思っていたら、そうではないこともですので、入居の際にはしっかりと契約内容を確認する必要があります。