手付金・工事着手金

写真ca1e96f33401950609273b2_m
住宅を購入する際に、

「内金・内入金(うちきん・うちいれきん)」を支払った後は、

「領収書」を発行してもらうと、後のもしものトラブルの対応にも役立ちます。

内金は一般的に、別のよばれ方として「手付金・工事着手金(てつけきん・こうじちゃくしゅきん)」とも、よばれています。

住宅がまだ未完成の前に行われる金銭の引き渡しですので、後々の事を不安に思われる方もいるかもしれませんが、しかしそれとは反対に、前もって金銭を支払っておく事で、建設会社を請け負った企業や、建設会社・売り主は、

一方的な放棄はできませんので、むしろ「安全」です。

しかも契約解除等も、行う事はできない制度となっています。前払いという形で、建設会社を請け負った企業や、建設会社・売り主に支払う為、すでに契約に着手しているいう「証明」にもなります。

契約内容によって、金額は異なりますが、支払う側と金銭を受け取る側との、

話し合いによって、値段の設定は可能です。

契約上、特に具体的な、金額は決まってはいません。

内金を支払う事で、建設代金・購入代金を、何回かに分けて支払う事ができるものですので、新築一戸建ての購入をお考えの方は、利用されると「安心」です。