契約がどのような内容なのかをしっかりと確認

写真
建築請負契約や不動産売買の契約については

事前に契約を取り決める必要があります。

しかし契約を結んだ相手が契約とは違う事をしてしまった場合には契約不履行となり、違反をした方は違約金を支払わなければなりません。

具体例としては物件を引き渡す期日をきちんと決めていた筈なのに売主の方が引き渡しを拒否するケースがあります。

他にも決められた期日に工事代金や購入代金を支払わなかった場合にも

契約不履行になってしまいます。

この契約不履行に対する違約金ですが新築一戸建て等の不動産売買では、取引される金額が非常に高いのでその金額も高くなってしまいますので気を付けなければなりません。

しかし、ローン特約や買い替え特約等を契約時に入れておけば違約金を支払わなくても済みます。

まずローン特約というのは、

住宅ローンを借りる事が出来なかった場合には新居の購入契約や建築請負契約について解除をする事も出来ます。

買い替え特約についてですが、事前の計画では自宅を売却出来ると考えていたのに、出来ないケースがあるのですが、その場合は、購入や建築請負契約について解除が出来るような特約なのです。

不動産取引をする時には契約がどのような内容なのかをしっかりと確認しなければならないでしょう。