金融機関同士の顧客獲得競争の中で行われるキャンペーン

写真444876113bcc2dbaff312c_m
新築一戸建てを手にいれるための住宅ローン検討をする場合には、いろいろな金融機関や各種ローン商品を比較する必要があります。

ローンを組んだ後の資金負担を考えた場合、

支払うべき利息は少ない方が有利です。

そのため、住宅ローンの比較検討を行う場合は、金利が重要な比較項目の一つになります。

ローン金利の水準は、基準となる市場金利に対して各金融機関が個人向け住宅ローンとしてのプレミアムを載せることで決まってきます。

ただし、この金利水準は標準的なもので、最終的にローンを借りる人が支払うべき金利はもっと安くなるという場合があります。

ようするに

金利優遇の措置が取られることがあるということです。

一般的に金利優遇措置は、金融機関同士の顧客獲得競争の中で行われるキャンペーンとして行われます。

期間限定などの場合が多いですが、例えば5年間固定金利型のローンだけは優遇するなど、商品によって優遇幅が大きく違うという場合もあるため、金融機関ごと、商品ごと、そして

返済タイプや期間ごとの比較も大事になってきます。

また、こういった優遇金利の場合、適用期間が全期間なのか一定期間で終了して標準に戻るのかという点もしっかり確認しておくことが必要です。