ローンを組む場合に連帯保証人が必要になることがあります

写真0289ff6fa077e42b772c480_s
住宅を購入する時などに民間の金融機関でローンを組む場合などに

連帯保証人が必要になることがあります。

これはもし借主がローンの支払いが滞納してしまった時などのために金融機関で念のために行っています。

多くは知り合いではなく両親や親族に頼むことになります。

ですが親といっても収入が少ない場合は連帯保証になることが出来ない場合もあります。

代わりに支払う事が出来ないとわかっている人には頼むことができません。

ですが、返済期間が35年など長い場合は代わりに金融機関の方で信用保証会社の保証を受けることを条件にして、住宅ローンを組むことが出来るような仕組みもあります。

この場合は

借主は信用保証会社に保証料を払う事になります。

この保証料は借主の借り入れ額や職業・勤務先・返済方法などによって決まります。

ですが場合によってはこの保証会社制度を使っても更に連帯保証人が必要だと言われる場合もあるので気をつけなければなりません。

いずれにしても連帯ということは一緒にという意味もあり、簡単には保証人を頼むことができませんが、各銀行によってこのような制度があるので、まずは借りる予定の金融機関に相談してみることから始めるといいでしょう。