固定金利と変動金利の実際の選択をする局面では非常に悩むはずです

写真2f28602d193aca8ebb3f3_m
新築一戸建て等の住宅を購入する場合は住宅ローンを活用することになると思いますが、住宅ローンを借りる場合に

気になるのが支払利息の利率です。

金融機関によって金利は違いますが、変動と固定といったタイプの違いもあります。

住宅ローンを借りる時の一般的な考え方としては、低金利の場合には固定金利を選択することによって、その後金利が上昇しても契約時の金利は変わることがないというメリットを享受できます。

一方、高金利の場合には、金利が高い状態で固定してしまうことは得策ではありませんので、変動金利型の住宅ローンを組むことによって、その後の金利低下の恩恵を受けることが可能になります。

しかし、

固定金利と変動金利の実際の選択をする局面では非常に悩むはずです。

長期金利が適用金利のベースとなる固定金利の利率と短期金利が適用金利のベースとなる変動金利の利率とを比較した場合、当然変動金利の方が低い利率になるからです。

今後の金利動向を正確に予測することは誰もできません。

そのため、変動か固定か迷っている場合には、住宅ローンを二本に分けるという選択肢もあります。

手数料が融資金額に比例する金融機関の場合であれば、登録免許税を含めて実質的なローンのコストは倍にはならないはずです。