教育資金、老後資金と並んで人生における三大資金と言われているもの

新築一戸建て等住宅の取得は、

一般的には教育資金、老後資金と並んで人生における三大資金と言われているものの一つだけあって多額の資金を必要とします。

そのため、住宅の購入のために必要な資金が実際に貯まるまで待っていると、人生の晩年までは住宅を手に入れることができないというような事態になりかねません。

そのため、多くの人は住宅ローンを活用して住宅を購入しています。

しかし、住宅ローンの返済は元金だけではなく利息の支払い負担が生じます。

そのため、住宅ローンの金額は可能な限り少なくすることが望ましいといえます。

そのために登場するのが購入時の頭金です。

この頭金を物件価格の20%程度用意できていれば、その先のローンの返済も楽になるでしょう。

また、住宅の物件価格以外にも登録免許税や引っ越し費用や火災保険料等の諸経費がいろいろ必要となっていきます。

この分の現金支出も手元資金で賄う必要があることを忘れないように注意する必要があります。

頭金を用意する方法は、定額の積立がベストです。

余った時に余った分を貯めていく方法もありますが、毎月決まったお金を積み立てる習慣を付けることによって、住宅ローンを毎月返済していく局面になった時にその経験が活きることになります。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする