返済した元金分に対応している利息を軽減できる効果があります

写真9d8eef204dbb00efddd29d_s
新築一戸建ての購入と同時に住宅ローンを組む場合が多いケースですが、この住宅ローンは金融機関が貸してくれるという分をまるまる借りる必要はありません。

自分の返済能力に合わせてローンの金額決めることが大事です。

無理をして返済できる金額ぎりぎりで借りてしまうと将来不測の事態が生じた時に対処ができなくなってしまいます。

仮に、将来返済中に手元資金の余裕が出てきたら、

その時点で繰り上げ返済を検討すればよいのです。

繰り上げ返済とは、これから先の返済について分割返済をするのではなく、現時点で一括して元金の全部または一部を支払うことです。

これによって、返済した元金分に対応している利息を軽減できる効果があります。

繰り上げ返済には二種類あり、一つが月々の返済金額は変えないで返済期間を短縮するもの(残債をすべて現時点で一括して支払う場合もこちらに入ります)、もう一つが月々の返済金額を減らし返済期間は変更しない方法です。

利息の削減効果は、期間短縮型の方が大きいです。

また、繰り上げて返済をすることによって利息削減の効果は得られますが、金融機関に対し手数料を支払う場合があります。

実行する場合は、手数料は無料か否かを確認した上で、ある程度まとまった金額で行うと効果的です。