収入印紙の還付について

収入印紙は郵便切手の同様の形状

で書面貼付する事で税の納付を行うものです。

郵便切手と同様の形状ですから切り離し時に破れる事やあるいは、額を誤って貼ることもあるわけですが、郵便切手やはがきでは書き損じや破損分については5円から10円程度の手数料を払う事で未使用分を郵便局で交換してもらえます。

収入印紙の場合はいくつかの方法があります。

1つ目は印紙自体は破損していないが金額の違うものに交換したい場合、例えば、200円の印紙2枚を400円氏に交換する場合の様な時は、印紙1枚につき5円の手数料を払うことによって最寄りの郵便局で交換ができます。

2つ目は過大に印紙を文書に貼付してしまった場合や不要な印紙が文書に印紙誤貼付した場合、例えば、200円の印紙の貼付が適正なものに誤って400円の印紙貼った様なケースです。

または、課税文書でないものに印紙を貼ってしまったケースです。

これらのケースは「過誤納金」と呼ばれる還付対象に当てはまりますので、最寄りの税務署に用意されている「過誤納申請書」ににて申請を行う事によって後日、銀行口座や郵便貯金を経由して還付を受けられます。

法人の場合は代表者の印が必要である事と、還付に日数が若干かかる事に注意が必要です。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする