継続的な給料に対して一回のみ支払われる特別な給料


一時金とは文字通り、継続的な給料に対して一回のみ支払われる特別な給料のことを指します。

基本的には賞与、あるいはボーナスとほとんど同じ意味

の言葉で使われていますが、使う団体の立場が違い、それに従い含んでいる意味が違ってきます。

賞与という言葉は主に経営者側が好んで使う言葉であり、部下に対する褒美や利益の分配のための特別な給料といった、いわゆる与えてやるものという意味を強く含んでいます。

そのため、会社が制作した給与明細などには賞与として記録されている場合が多いです。

一方、一時金という言葉は主に労働組合などが用いることが多く、この場合には労働者が給料の一種として当然受け取ることができる権利としての意味が強いです。

また、労働者が特別な理由で受け取る手当金の類も、一時金として扱われる場合が多いです。

例えば出産育児や退職などの特殊な状況で使われる場合によく耳にする言葉です。

これらに対してボーナスという言葉はどちらの立場でも使うことが出来るのですが、正式な場面で使うには不適切な印象を与えてしまいます。

その言葉を使う場所や立場、そして何より自分が強調したい内容を元にして、正しい言葉を選択する必要があります。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

オリジナル無料レポート

シェアする

フォローする

お客様の声

customer feedback お客様の声