社内融資は会社が従業員の住宅取得ために用意した社内制度

写真925056033da65eaa428c63_m
新築一戸建てを手に入れようとする場合は、

住宅ローンの検討も必要になる場合が多いはずです。

住宅ローンを借りることができる対象はいろいろあります。

一般的には銀行、信用金庫が扱っている住宅ローンもあるでしょうし、住宅支援機構の扱っているローンも対象になるでしょう。

また、自分が住んでいる自治体で有利な条件の利子補給や住宅資金の融資をやっている場合もありますので、これも検討対象に入れるといいでしょう。

しかし、それ以外にも選択肢があります。

それが財形住宅融資と社内融資です。

どちらも自分が勤めている会社が窓口になるものですが、財形住宅融資はあくまで財形制度に基づくものです。

一方、社内融資は純粋に会社が従業員の住宅取得ために用意した社内制度としての住宅ローンです。

一般的には民間の住宅ローンに

比較して有利な利率で融資をしてくれる

ものです。

あまり市中の金利とかけ離れている場合には、給与課税される場合がありますが、現在は市中金利がかなり低いこともあってこの点はあまり気にしなくても問題ないでしょう。

以前ほどこの制度を整えている会社は多くありませんが、住宅ローンを検討する場合に、社内融資の制度があれば検討対象に入れてみることも重要です。