1950年に地租・家屋税に代わるものとして設置された制度

写真d869d942_s
住宅を購入すると所有者には毎年固定資産税というものがかかります。

これは

土地や家屋、売却資産に対して課税される税金

の事です。

これは1950年に地租・家屋税に代わるものとして設置された制度の事です。

固定資産税の税額の決定はその資産の評価基準を元に評価した固定資産価格に税率をかけたものです。

その税率には標準税率が1.4%を超えない範囲とされているので

市町村ではそれを基準に決定しています。

また、不動産の価値は変わっていくものなので3年に1度評価の見直しが行われています。

このような税金の知らせは課税通知書によって確認することができます。

毎年1月1日時点での

登記簿上の所有者に対して課税通知書が送られてきます。

これは今まで賃貸で生活をしていた人が住宅を購入した場合に支払い義務が発生するので住宅を購入するときには新たな税金がかかるという事をしっかり頭に入れておかなくてはなりません。

自宅を購入するという事は資産が増えることになるので当然課税義務項目が増えることになります。

このようなことは家を購入して課税通知書を見て、慌てないで済むようにしっかりと理解しておかなくてはなりません。

住宅購入後はしばらく出費がかさむこともあるので、このような出費もあることを覚えておく必要があります。