新築戸建てなど持ち家を購入した場合は考慮しなくて良い金額

写真2d4ee75995a9_m
更新手数料とは、賃貸物件を借りているときに契約の満期を迎えた場合、

引き続き賃貸契約を結ぶ場合に支払う手数料のことです。

一般的にその手数料の相場は、家賃の1か月か2か月分といわれています。

多くの賃貸物件は、2年間契約になっていますので、2年に一度支払うことになります。

ある程度まとまった大金なので、賃貸契約を行う場合には、

長期的な視点で資金計画を行うことが必要です。

ただし、法律的に決められたものではないので、物件によっては更新手数料が発生しない場合もあるので、事前に契約書をしっかりと確認するのが無難です。

傾向的には、旧住宅整備公団であるUR賃貸などは、

手数料が発生しない例が多いです。

もともと、慣習として始まったシステムなので、無駄な出費と思える人は、更新の時に手数料が無い物件を積極的に探すのが賢明かもしれません。

更新手数料に合わせて、不動産にて事務手続き料金が発生する場合もありますが、借主が負担するか、大家さんが負担するかは、物件によりまちまちであるのが現状です。

いずれにしても、本手数料は賃貸物件の時にのみ発生する料金なので、新築戸建てなど持ち家を購入した場合は考慮しなくて良い金額となります。