固定金利型の住宅ローンの特徴

写真2f28602d193aca8ebb3f3_m
新築一戸建ての新居を手に入れようという場合には、資金が必要です。

その資金は貯金を頭金として充当するのが通常であり、

住宅ローンを利用して残りを賄うことが多いパターンです。

この住宅ローンを借りる場合に、住宅ローンの金利のタイプで固定金利型と変動金利型があることを、最低限理解しておかなければなりません。

それぞれメリットデメリットはありますが、今後金利が上昇する可能性が高いと考える場合には、一般的には固定金利型を選択するとメリットが大きくなると言われています。

固定金利型の住宅ローンの特徴は、

返済期間中に適用される金利がずっと固定されるという点です。

適用金利がずっと変わらなければ、返済を始める段階で総額いくら支払う必要があるのか、利息は合計でいくら支払うことになるのかを確定し、知っておくことができます。

また、固定金利で借りて元利均等で返済することにすれば、返済期間中の月々の返済はずっと同じ金額になります。

そうなると、家計における資金繰りが非常にやりやすくなるというメリットもあります。

適用金利の基準となるものは10年物国債の利回りで、

これにプレミアムを加味して金利が決定されますが、優遇金利などがあり、金融機関によって適用金利に差がありますので、よく比較して決めるといいでしょう。