源泉徴収について

写真7da005dc1f87f004742d_s

源泉徴収は、所得税の課税方法の一つです。

給与支払者が給与所得や退職所得からあらかじめ税金を天引きしてから納税することです。

まず前年度の給与などからあらかじめ予測される納税額を月々支払っておきます。

そして年末実際の所得と突き合わせて納税額を決定するわけです。

源泉徴収票をみるとその支払額を読み取ることができます。

まず年間の総所得から配偶者控除、社会保険料控除、扶養者控除などを引いて課税所得が割り出されます。

そこから所得税の速算表にあてはめられて納めるべき税金の額が決定します。

そして年末調整の段階で住宅ローンの残高がある場合、その控除額計算額に基づく金額が税金の額から引かれて、かなりの大きい金額がそのまま戻ってきます。

たとえば住宅借入金等特別控除額が14万円なら、14万円がそのまま戻ってきます。

ただ一つ注意が必要なのは、ローンの支払い開始の初年度は源泉徴収ではなく会社の年末調整が終了したのち、自分でローンの契約時にもらった書類に記入して確定申告をしなければならないので、忘れないようにするなどの注意が必要です。

またそれ以降も年末調整の時に税務署からの年末調整用の書類を、ローンの残高証明とともに提出しなければなりません。