期間短縮型繰り上げ返済について

住宅ローンを組むと申し込み時に何年間借りるか

毎月いくら返済していくのかといった返済計画も同時に決定されます。

例えば3,000万円の資金を35年間金利1%で借り入れした場合には毎月の返済額は約84,700円となります。

しかしながら、一般的な住宅ローンでは返済の途中でまとまった資金が出来れば借り入れ金額の一部を繰り上げて返済できるとされています。

このことを一部繰り上げというのですが

一部繰り上げの方法には2種類あり

期間短縮型繰り上げ返済と、返済額軽減型繰り上げ返済があります。

期間短縮型繰り上げ返済の場合、ローンの借り入れ2年後,例えば借り入れ残高2850万円の時に100万円を返済すると残りのローン残高は2750万円となります。

この時に当初の35年かけて返済しますという契約を変えないのであれば、毎月の返済額は減少します。

しかしながらこの繰り上げ返済の方法ではあえて毎月の返済額は減らさずに毎月84,700円の返済を続けます。

すると35年後に完済になる予定であった住宅ローンは34年弱で返済を終えることが出来ます。

ローンの完済時期が短くなるというメリットはもちろんですが、

借入期間が短くなることで利息の支払い額も減らすことが出来ます

繰り上げ返済によって毎月の返済額を減額した場合よりもトータルの返済額が少なくなるため、毎月の返済が現状のままでも問題なければこの方法が有効となります。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

オリジナル無料レポート

シェアする

フォローする

お客様の声

customer feedback お客様の声