住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します


ローン期間のすべてを固定金利で申込みをする長期固定ローンを除くと、

一般的な住宅ローンのほとんどは固定期間選択型の住宅ローンです

通常住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します。

このどちらで住宅ローンを返済するか選ぶことが出来るのが固定期間選択型ローンです。

特徴としては、住宅ローンの借入期間いつでも好きな時に変動金利から固定金利へ金利体系を変更できるという点です。

多くの金融機関では

選択できる固定金利の期間

を3年5年10年の3種類に設定しています。

変動金利で返済をおこなっていて金利が上昇傾向だと感じた時点で固定金利の切り替えを申し出することが出来ます。

このときに注意しなければいけない事は、

その時の金利相場の固定金利で契約を行うという点です。

そのため金利がかなり上昇してしまってから固定金利にすることは得策ではなくこれから金利が上がると感じた時に(金利がまだ安い間に)固定金利へ切り替えを行う必要があります。

また、固定金利へ切り替えを行った場合には選択した固定期間が終了すると自動的に変動金利へと切り替えとなる商品が一般的です。

固定金利の契約期間が終了しても固定金利での返済を続けたいと思ったときには申し出を行うことで再度固定金利の契約を結ぶことが出来ます。

この時にも再契約時の固定金利が適用となるため、新しい金利の確認を行う必要があります。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする