改正によって金額が大きくなると課税率が大きくなった相続税

写真444876113bcc2dbaff312c_m
相続税とは、日本の相続税法に基づいて、被相続人から引き継いだ財産に対し、

相続人に課される租税のことです。

具体例として、相続税が発生するケースで多いのは、親族が亡くなってしまった際、その子や親、兄弟が財産を相続する場合です。

平成26年12月31日までは、相続する金額にもよりますが10%~50%の税率が課せられていました。

そこから、法律の改正によって、平成27年1月1日以降は10%~55%に税率は引き上げられました。

詳しい内容については、改正前も改正後も、

相続金額が1000万以下は同じく10%、

相続金額が3000万円以下は同じく15%税率、

相続金額が5000万円は同じく20%、

相続金額が1億円についても同じく30%、

そして相続金額が3億円になると改正前は40%だったのに対し、改正後は45%、

相続金額が6億円以上になると改正前は50%で、改正後は55%となりますので、

改正によって、

相続金額が大きくなると、課税率も大きくなるということが分かります。

他方、節税の方法も存在し、その一つとして生前贈与があります。年間110万円以下の財産を贈与に関して非課税となる制度であり、相続金額を減らす効果があります。

ファインドゼロ提携・相続税相談

相続・相続税の無料相談なら、新井山税務会計事務所
相続税相談