物件の価格に対しての頭金の有無やその金額の大小も大きく影響

借入可能額とは、読んで字のごとく、

借入が可能な金額ということになりますが、その金額については、借りうける人の年収や職業、負債額、有価証券や預貯金額の状況などによって異なります。

その金額の算定方法や算定基準については、各金融機関独自によるものであるとされていますが、昨今においては、かつての多重債務による自己破産者の増加や回収不能債権の増加による金融機関の経営状況悪化などの影響を受け、

無理のない範囲での融資が行われています。

むろん、その対象者によって、返済能力には大きな差があるのも事実であり、金融機関においては、融資担当者を設けるなどして、キメの細かい対応が行われています。

加えて、購入する物件の価格に対しての頭金の有無やその金額の大小も大きく影響するとされています。

頭金が多く用意できるのであれば、

結果として借入可能額も大きくなるといえます。

昨今では、銀行をはじめとした金融機関においては、住宅ローンは収益の柱として多くの力を注いでおり、インターネットの関連サイトにおいて、年収や年齢などの必要事項を入力すれば、返済シュミレーションを誰でもみることができるなどして、注目を集めようとするなどの取り組みも行われています。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

オリジナル無料レポート

シェアする

フォローする

お客様の声

customer feedback お客様の声