現在の住居を売却先行するか、新しい住居を先に購入するか?


買い替えローンとは、現在の住居を売却し、その売却金を現在組んでいるローンの返済にあて、新たに物件を購入する時に組むローンの事を言います。

買い替えローンのメリット

新しく購入する物件に掛かる費用に加え、現在のローンの返済費用を含めた融資を受けれる事が出来るし、現在のローンの金利より低金利で利用できると言うメリットがあります。

反面、現在のローンの返済より費用が増える事になりますので、審査もそれなりに厳しくなります。

また、住宅ローンの返済と買い替えローンの融資も同時に実行していかなければなりません。

更に先に現在の住居を売却するか、新しい住居を先に購入するか、

物件の売買のタイミングがポイントになります。

先に現在の住居を売却した場合は、売却した金額が確定することで、新たに購入する物件に対する資金計画がしやすくなります。

しかし、新しい住居に移転できるまでの仮住まいを確保する必要があります。

逆に新しい物件を先に購入する場合は、現在の住居の明け渡しまでの日程に余裕ができます。

しかし、新しい住居の取得日までに現在の住居が売却できなければ、

ローンを二重に支払わなければならなくなります

ので注意が必要です。

買い替えローンの利用の際は、事前に必要手続きや内容を十分確認し、把握する必要があります。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする